基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2016年04月19日

河北潟水辺活動スペシャル講座のおしらせ

20141019.JPG


水辺活動のスタッフになりたい人を育てる総合講座をおこないます。受講者募集中です。
「水辺の問題」、「水辺の植物」、「水辺の管理」、「イベントの企画」、「組織の運営」を学ぶことができます。
参加費:一括で全回分支払いの場合 1万円(5月〜12月の全9回)
    各回参加ごとにお支払いの場合 参加一回につき1,200円
定員:15名
開催場所:こなん水辺公園
開催日:基本的に5月〜12月の第一日曜日(13:00〜16:00)
   ※10月のみ2回実施(2回目は時間帯変わります。)
   ※11月は3日(木・祝)開催です。
各回は下記の内容を予定しています。
第一回 5月1日(日)、5月15日(日)
【水辺の問題】
 講師:高橋 久(河北潟湖沼研究所理事長、博士(理学))
(内容)水辺の保全は、まず現地を調べることからはじまります。問題に気づく観察力を養うための講義と現地視察をおこないます。現地視察では河北潟の問題ある水辺を確認します。
第二回 6月5日(日)
【水辺の植物のはたらき】
 講師(予定):永坂正夫(金沢星稜大学教授、博士(理学)、河北潟湖沼研究所理事)
(内容)水辺の環境を考える上では、水辺に生育する植物とそのはたらきについての理解が重要になります。水辺の植物について受講した後、現地を訪れ、水辺の植生の生態系の中での役割や、水草の形態について学びます。
第三回 7月3日(日)
【ヨシについて】
 講師:高橋奈苗(河北潟湖沼研究所研究員)
(内容)低地の植生を代表する植物「ヨシ」について学びます。1種類の植物をじっくり観察し、ヨシと結びついている生きもの、ヨシと人との関わり、河北潟におけるヨシについて理解を深めます。
第四回 8月7日(日)
【かほくがた「ヨシ舟」作り】
 進行:高橋奈苗(河北潟湖沼研究所研究員)
(内容)ヨシの新しい利用と保全を目的とした「ヨシ舟作り」のイベントを通じて、水辺を守りながら活用する方法について体験的に学びます。イベントではスタッフとして携わり、遊びの要素を入れた水辺植物の活用と住民参加のすすめ方について考えます。
第五回 9月4日(日)
【企画運営】
 進行:高橋 久(河北潟湖沼研究所理事長、博士(理学))
(内容)ヨシ舟作りのイベントの反省会をおこない、10月に実施するイベント企画について話し合います。講義では、イベントの企画をつくる着眼点や、企画の運営、協議会をつくる手法、多様な人々を巻き込んだ組織運営の方法について学びます。
第六回 10月2日(日)
【水辺の生態学 食物連鎖と循環】
 講師(予定):福原晴夫(新潟大学名誉教授、理学博士、河北潟湖沼研究所理事)
 保全に向けたイベントの企画運営まで学んだところで、ふたたび水辺の生態学と、湖と砂丘の循環について学びます。講義の後、現地を調査します。
第七回 10月16日(日)
【企画の実施 ヨシ舟の乗船会】
 進行:高橋奈苗(河北潟湖沼研究所研究員)
 企画したイベントの実施となります。乗船会に訪れた人たちにはたらきかけ、順応的管理を担う主体をつくるための参加の呼びかけをおこないます。
第八回 11月3日(木・祝)
【企画実施 振り返り】
 講師:高橋 久(河北潟湖沼研究所理事長、博士(理学))
 ヨシ舟乗船会の振り返りをおこないます。住民参加はなぜ大事か、順応的管理について学びます。
第九回 12月4日(日)
【順応的管理の実施 ヨシ刈り】
 進行:高橋奈苗(河北潟湖沼研究所研究員)
 ヨシ原と水辺の生態系を保全するためのヨシ刈りを実施します。ヨシ刈りの後は、多様な人々を巻き込んだ組織運営の方法と、自然を守るメンバーを増やすためのワークショップを開催し、本講義を終了いたします。
いしかわ自然学校でも本プログラムをご紹介いただいています。
http://ishikawashizen.jp/program2016/post-227.html
申込方法
・参加される方のお名前、年齢、住所、メールアドレス、電話番号を明記のうえ、ファックスまたはメールよりお申し込みください。
FAX: 076-255-6941
メールアドレス: info@kahokugata.sakura.ne.jp
主催:NPO法人 河北潟湖沼研究所(担当者: 川原)
posted by ちゅうひくん at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2016年04月18日

第22回河北潟クリーン作戦無事終了

第22回河北潟クリーン作戦がおこなわれました。
怪我も無く、全地点ぶじに終了しました。
参加者は全体で482名でした。
DSCF8214.JPG結果速報2016web版.jpg
posted by ちゅうひくん at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2016年03月27日

第22回河北潟クリーン作戦を行います

毎年600名以上の方にご参加いただいている河北潟クリーン作戦ですが、第22回は2016年4月17日(日)に実施することが決まりました。
多くの方にご参加いただけるようお願いいたします。
河北潟湖沼研究所の担当は津幡地区です。

詳しくはチラシをご覧ください(→clean2016.pdf)。

clean2016.jpg
posted by ちゅうひくん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2016年02月07日

生きもの元気米がカーボンオフセット商品になりました。

この度、生きもの元気米がカーボンオフセットつき商品となりました。

カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動から排出されるCO2等の温室効果ガスで、まず削減する努力を行い、そのうえでどうしても減らすことができないという温室効果ガスを、別の場所で行われる温室効果ガスの削減活動に投資すること等で、埋め合わせる(オフセットする)考え方です。
生きもの元気米は購入によって、購入された方が日常生活で排出する温室効果ガスをオフセットできます。

カーボンオフセット版元気米の値段は、通常の生きもの元気米と同じです。売上げより1kgあたり8円をツシマヤマネコの森づくりのカーボンクレジットの購入に充てます。
また、生きもの元気米giftとして、玄米がゆと元気米保存パックのセットも販売します。
こちらは、1セットにつき80円をクレジットの購入に充てます。

将来的には河北潟地域の外来植物除去活動や湿生林の再生についてカーボンオフセットプロジェクトを実施し、これらの活動を支援するための仕組みとしたいと考えています。


niko_P2010586.jpg
posted by ちゅうひくん at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年11月05日

チクゴスズメノヒエの除草活動

今年も外来植物のチクゴスズメノヒエの除草活動を行います。

第1回 11月20日(金)午後1時30分〜約2時間 河北潟干拓地中央幹線排水路
第2回 11月21日(土)午前9時〜約2時間 金沢市二日市町
第3回 11月22日(日)午前9時〜約2時間 金沢市大場町

詳しくは、チラシを御覧ください。(PDFファイル

チクゴちらし2015_ページ_1.jpg
posted by ちゅうひくん at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年10月26日

河北潟セミナー「現代日本における農村の危機と再生 ―求められる地域連携アプローチ」

朝晩の冷え込みが秋の深まりを感じさせます。皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
あっという間に今年も残すところあと二ヶ月となってしまいましたが、2015年度第1回目の河北潟セミナーの開催をご案内します。
今回のセミナーでは、金沢大学人間社会研究域所属の、佐無田 光教授を講師にお招きしています。
佐無田先生は、地域経済と環境再生をテーマに研究を続けておられ、2014年には「自立と連携の農村再生論」なる研究書を著しておられます。
当日は、現場をよく見ておられる先生の、切れ味鋭いお話を伺うことで河北潟地域の再生のヒントを頂こうと考えています。
どうぞみなさま、お誘い合わせの上ご参加下さい。

---------------------------------------------------------------------------------
タイトル:「現代日本における農村の危機と再生 ―求められる地域連携アプローチ」
概要: 現代日本において農村の持続可能な発展のためには何が必要か。 都市と農村の連携という観点から、
過疎問題の国民経済的構造と地域経済の実態を分析し、農村再生の課題を整理する。
講師: 佐無田 光教授(金沢大学人間社会研究域)
日時: 11月11日(水曜日)18:30-20:30
場所: 特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所
    〒929-0342 石川県河北郡津幡町北中条ナ9-9
    tel.076-288-5803/fax.076-255-6941
地図詳細は研究所ホームページより御確認ください。
posted by ちゅうひくん at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年10月09日

今年も河北潟自然再生まつりを行います(10月18日)

楽しみながら河北潟の自然保護活動が分かる「河北潟自然再生まつり」今年で6回目の開催となります。
この取り組みは、河北潟の保全活動行っている団体等が、活動を紹介する場とするとともに、住民への参加を拡げるために、楽しいイベントや河北潟周辺での農産物の直売を行います。河北潟産の食材をたくさん使っためった汁も振る舞われます。
今年は、ヨシ舟に乗って大宮川にこぎ出そう、ハッタミミズコンテストなどもおこなわれ、楽しい1日になると思います。こぞってご参加ください。
 
 第6回河北潟自然再生まつり
日時 2015年10月18日(日)9:00-15:00
場所 金沢市こなん水辺公園
主催 河北潟自然再生まつり実行委員会

画像をクリックすると拡大表示します。
まつりチラシ2015_ページ_1.jpg
まつりチラシ2015_ページ_2.jpg
posted by ちゅうひくん at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年09月05日

9/20(日)稲刈り体験 参加者募集!(河北潟の田んぼ学校第3回)

農薬をいっさい使わない田んぼ、ついに稲刈りです。5月24日に田植え、6月14日に観察会をした田んぼです。これまでに参加された方はもちろん、今回初めての方も大歓迎です。昔ながらに、鎌を使って刈り取り、ハサ掛けして天日干しします!参加お待ちしています。


☆ 河北潟の田んぼ学校第3回 稲刈り体験 ☆
日 程:9月20日(日)
時 間:9:00〜12:00
場 所:金沢市岸川町の田んぼ(金沢市二日市多目的広場近く)
    グーグルマップ http://goo.gl/maps/8Anbv

内 容:鎌を使って稲を刈り取ります。
    刈った稲を束ね、ハサ掛けします。

対 象:小学生以上(小学生は保護者同伴でお願いします。)
    *小学生未満の方は、鎌を使う作業は見学でお願いします。

参加費:1人500円(家族参加は大人1人、子供2人の計3人まで1,000円に割引)

準 備:長袖の服(汚れても良いもの)、お茶、長靴
    *鎌や軍手はこちらで準備します。

その他:少雨決行・荒天時中止
    いしかわ里山ポイント1ポイントもらえます。

申 込:参加される方全員のお名前(ふりがな)、年齢、性別、
    代表保護者の住所、電話番号をお知らせください。
    *なるべく9月17日(木)までにご連絡をお願いします。

<申込・問合せ先>
メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
FAX 076-255-6941

20141001.JPG20140928.JPG
*写真は2014年の稲刈りの様子です。
posted by ちゅうひくん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年05月25日

6/14(日)田んぼの観察会 参加者募集!

農薬をいっさい使わない田んぼで観察会をおこないます!5月24日に田植えをした田んぼです。田植え参加者はもちろん、今回初めての方も大歓迎です。田んぼの中に入ってどんな生きものがいるのか観察してみよう!

○ 田んぼの観察会 6月14日(日)
時 間:9:00〜12:00
場 所:金沢市岸川町の田んぼ(金沢市二日市多目的広場近く)
対 象:小学生以上(小学生は保護者同伴でお願いします。)
    小学生未満の場合は保護者の方もご一緒に田んぼ内に入っていただくようお願いします。
内 容:田んぼの中に入って生きものを探し、観察します。
参加費:1人500円(家族参加は大人1人、子供2人の計3人まで1,000円)
その他:少雨決行・荒天時中止
    里山ポイント1ポイントもらえます。
申 込:参加される方全員のお名前(ふりがな)、年齢、性別、
   代表保護者の住所、電話番号をお知らせください。
申込先:
 メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
 FAX 076-255-6941

☆汚れても大丈夫な服装でご参加ください。
チラシはこちらです。(PDFファイル)

2014kansatu2.JPG2014kansatu1.JPG
写真は昨年の観察会の様子です。


***
このイベントは平成27年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催されます。
***
posted by ちゅうひくん at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年04月30日

全国ハッタミミズダービーが始まります

昨年、琵琶湖博物館が中心になったおこなわれたハッタミミズダービーに対して、河北潟湖沼研究所より挑戦状を送り、ハッタミミズの本家の意地を見せるべく「ハッタミミズコンテスト」をおこないましたが、残念ながら琵琶湖の記録を超えることができませんでした。l
これにめげず、再挑戦状を送ったところ琵琶湖博物館より再挑戦受状が届き、この度、「全国ハッタミミズダービー」が開催されることになりました。今度こそ、日本一長いミミズを河北潟から見つけましょう。河北潟周辺住民の皆さん、是非是非この取り組みにご参加ください。5月1日スタートです。
詳しくは、以下のリンクから、pdfファイルをダウンロードしてください。
ハッタミミズダービーのチラシ→pdfファイル
20150501_hattamimizu_derby_ページ_1.jpg
posted by ちゅうひくん at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報