基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2015年05月25日

6/14(日)田んぼの観察会 参加者募集!

農薬をいっさい使わない田んぼで観察会をおこないます!5月24日に田植えをした田んぼです。田植え参加者はもちろん、今回初めての方も大歓迎です。田んぼの中に入ってどんな生きものがいるのか観察してみよう!

○ 田んぼの観察会 6月14日(日)
時 間:9:00〜12:00
場 所:金沢市岸川町の田んぼ(金沢市二日市多目的広場近く)
対 象:小学生以上(小学生は保護者同伴でお願いします。)
    小学生未満の場合は保護者の方もご一緒に田んぼ内に入っていただくようお願いします。
内 容:田んぼの中に入って生きものを探し、観察します。
参加費:1人500円(家族参加は大人1人、子供2人の計3人まで1,000円)
その他:少雨決行・荒天時中止
    里山ポイント1ポイントもらえます。
申 込:参加される方全員のお名前(ふりがな)、年齢、性別、
   代表保護者の住所、電話番号をお知らせください。
申込先:
 メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
 FAX 076-255-6941

☆汚れても大丈夫な服装でご参加ください。
チラシはこちらです。(PDFファイル)

2014kansatu2.JPG2014kansatu1.JPG
写真は昨年の観察会の様子です。


***
このイベントは平成27年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催されます。
***
posted by ちゅうひくん at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年04月30日

全国ハッタミミズダービーが始まります

昨年、琵琶湖博物館が中心になったおこなわれたハッタミミズダービーに対して、河北潟湖沼研究所より挑戦状を送り、ハッタミミズの本家の意地を見せるべく「ハッタミミズコンテスト」をおこないましたが、残念ながら琵琶湖の記録を超えることができませんでした。l
これにめげず、再挑戦状を送ったところ琵琶湖博物館より再挑戦受状が届き、この度、「全国ハッタミミズダービー」が開催されることになりました。今度こそ、日本一長いミミズを河北潟から見つけましょう。河北潟周辺住民の皆さん、是非是非この取り組みにご参加ください。5月1日スタートです。
詳しくは、以下のリンクから、pdfファイルをダウンロードしてください。
ハッタミミズダービーのチラシ→pdfファイル
20150501_hattamimizu_derby_ページ_1.jpg
posted by ちゅうひくん at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年04月27日

5/24(日)田植え体験 参加者募集!

河北潟の南にある田んぼで、生きものや自然環境を守るため、農薬をいっさい使わないお米作りをしています。5月24日には田植えをおこないます。みんなで田んぼに入って、手で苗を植えていきます。泥にふれて、生きものを間近に感じながら、昔ながらの作業を体験してみませんか?みなさまのご参加お待ちしています。
詳しくはこちらのPDFもご覧ください。

○ 田植え 5月24日(日)
時 間:9:00〜12:00
場 所:金沢市岸川町の田んぼ(金沢市二日市多目的広場近く)
対 象:小学生以上(小学生は保護者同伴でお願いいたします。)
内 容:無農薬の田んぼで苗を手植えします。
参加費:1人500円(家族参加は大人1人、子供2人の計3人まで1,000円)
その他:少雨決行・荒天時中止
    里山ポイント1ポイントもらえます。
申 込:参加される方全員のお名前(ふりがな)、年齢、性別、
   代表保護者の住所、電話番号をお知らせください。
申込先
 メールinfo@kahokugata.sakura.ne.jp
 FAX 076-255-6941   

tanbo2015_1.jpg

*里山ポイントについて
いしかわ里山ポイントは、3ポイントで1,000円相当の里山チケットと交換できます。
里山チケットは県内の協賛店で使用できます。
詳しくは石川県のホームページへどうぞ。

***
このイベントは平成27年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金
の助成を受けて開催されます。
***
posted by ちゅうひくん at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年04月19日

クリーン作戦結果

河北潟クリーン作戦にご参加いただいた皆様

本日は、ありがとうございました。
本日の河北潟クリーン作戦には約600名の方にご参加いただき、事故の報告もなく、無事に終了することができました。
ゴミは年々少なくなっているようで、ゴミは65立米(推定5.6トン)でした。
かほくがた川柳は、河北潟ざわざわさん(35歳 女性)の「河北潟 地域の鏡 ごみゼロに」が24票で1位でした。
2位は、「「オーイ」行くぞ デートはいつも 河北潟」(長谷川 恵子さん 73歳 女性)
3位は、「ゴミ拾い 歩いた後の 気持ちよさ」(遠田 勝良さん、亀公子さん)
でした。

投票へのご協力もありがとうございました。

P4190149.JPG



posted by ちゅうひくん at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年04月18日

かほくがた川柳

河北潟自然再生協議会では、4月19日の河北潟クリーン作戦に合わせて「河北潟」「ゴミ」「自然再生」をテーマに川柳を募集しました。
以下の29句が集まりました。クリーン作戦当日に参加による投票で大賞の1句を選びます。

年行事 クリーン作戦 夫婦して
潟掃除 子供やマゴに つなげたい
潟掃除 老いの生きがい 又見つけ
河北潟 たまには殿も ゴミ拾い
熱心に 我もつられて ゴミ拾い
少しずつ 減ってゆくゴミ 少しずつ 
ポイ捨てさん 息子に頼まれ ゴミ拾い
河北潟 地域の鏡 ごみゼロに
ゴミ拾い 捨てない心を 育てる環
ゴミ捨てず おいしい野菜は 河北潟
河北潟 環境守って 日本一
捨てないで こころも人も 地球にも
ストップだ ゴミで埋め立て 河北潟
「オーイ」行くぞ デートはいつも 河北潟
干拓地 収穫感謝 般若
広大な 財を坪で わからない
愛着の いっちょうら今 粗大ゴミ
かほく潟 陽光キラリ 水鏡
夢かなあ ヨットが遊ぶ 河北潟
上流の ゴミが湖水を 汚染する
親と子の 会話が弾む ゴミ拾い
揚げ雲雀 おまえも潟の 見張人
ゴミ拾い 歩いた後の 気持ちよさ
ゴミ拾い 老若男女 手が宝
軽い気で ポイ捨て困る 河北潟
ゴミ拾い 鏡にしよう 河北潟
白山を 水面に写し 河北潟
アメグリが おいしかったと 祖母の言う
鮒釣りの 覚えもあるね 河北潟

皆さんクリーン作戦のご参加をお待ちしています。

川柳_A1パネル_CS5.jpg

posted by ちゅうひくん at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年04月14日

河北潟クリ−ン作戦を実施します

第21回河北潟クリーン作戦は以下の要領で実施します。

日時 2015年4月19日(日)9:00-10:00
場所 河北潟湖岸7地点
主催 河北潟自然再生協議会(事務局 河北潟湖沼研究所高橋)

河北潟湖沼研究所の担当はエリアCの津幡漕艇場付近です。
お時間ある方は是非ご参加ください。
詳しくはpdfファイルを御覧ください(こちら)。

2015年クリーン作戦ちらしS.jpg
posted by ちゅうひくん at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年02月05日

2014年度第4回河北潟セミナーのお知らせ

2014年度第4回河北潟セミナーの開催をご案内します。
このたびの講師には鎌内宏光 博士(金沢大学環日本海域環境研究センター臨海実験施設)をお招きしました。鎌内さんは陸水生態系について実践的な研究を続けてこられた新進気鋭の研究者であり、セミナーでは河北潟とその周辺地域を考える上で大変重要となる陸域と水域のつながりを主題にお話しいただきます。また、これらから研究に取りかかる理工系の学生にも役立つ科学研究の肝要についても語っていただく予定ですので、心当たりの学生・院生がおられましたら、ぜひお声掛け下さい。
当日は、セミナーに引き続いて鎌内さんを囲んで懇親会を同会場で開催します。一般2000円、学生1000円を予定しております。こちらにもご参加いただける場合は、下記の申込先へe-mailにてお申し込み下さい。
---------------------------------------------------------------------------------
タイトル: 「陸域と水域のつながりにおける物質循環と生物多様性の関係性」
話題提供者: 鎌内宏光 氏(金沢大学環日本海域環境研究センター臨海実験施設)
概要: 「森と海」に代表されるように、陸域と水域のつながりが注目されるようになっている。しかし科学の世界では、それぞれに分野や教育課程が分かれており、さらに独特の環境構造や生物の生活様式もあいまって、陸域と水域を一体的に理解することは難しい。本セミナーでは、北陸地方を中心にして、陸域と水域のそれぞれの物質循環と生物多様性の特徴、そしてそれらのかかわり合いについて、古今の知見などを紹介する。また、科学論文の読み方を概説しつつ、個々の論文の価値判断に必要な知識や背景について紹介し、陸域と水域の複雑なつながりを理解するための方法論を提示する。
日時: 2月23日(月曜日)18:30-20:00
場所: 特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所
    〒929-0342 石川県河北郡津幡町北中条ナ9-9
    tel.076-288-5803/fax.076-255-6941
地図詳細は研究所ホームページのアクセスの項http://kahokugata.sakura.ne.jp/htmls/access.htmlよりご確認下さい。
申し込み:info@kahokugata.sakura.ne.jp
posted by ちゅうひくん at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2015年01月28日

河北潟自然観察会 第100回をおこないます。

1988年から始まった河北潟自然観察会も100目となります。
以下の要領で開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。

日時 2015年2月1日(日) 9:00-12:00
集合 こなん水辺公園(金沢市東蚊爪町)
内容 河北潟の湖岸や周辺の水田、干拓地などを移動しながら、野鳥などの野生動物を観察します。
申込 当日、集合場所に直接お集まりください。参加は無料です。受付だけしてください。



posted by ちゅうひくん at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2014年12月08日

エコプロダクツ2104に出展します!

 12月11〜13日に東京ビックサイト東第1〜第6ホールで開催される「エコプロダクツ2014」に河北潟湖沼研究所もブース出展します。昨年に続き2回目の出展です。
 アンケートをご記入頂いた方に、”食べるだけで田んぼの生きものが増えていく”「生きもの元気米」をプレゼントします!
 12月11日〜13日は東京ビッグサイトへ来られた方は、是非お立ち寄りください。komebukuro20141208.JPG
posted by ちゅうひくん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2014年12月01日

福島支援・家庭菜園等からの野菜提供のお願い

 石川県・河北潟周辺地域の方限定でお願いがあります。
 写真のような焼き芋イベントを毎年この時期に、福島県南相馬市の仮設住宅団地でおこなっています。
 当初は3年ほどで終わる予定でしたが、福島の現状はほとんど改善されていない状況で、復興の具体的なことがなかなか先に進んでおらず、先行きが見通せない状況になっています。
 仮設住宅から引っ越して行く人もいますが、今でも新たに入居される方も多く、空き室がないような状況のようです。
 私たちは、引き続き仮設住宅の皆様とのお付き合いを続けていくことにしています。
 私たちがこの活動を始めたきっかけは、特に震災のあった年に被災地で新鮮な野菜が不足していて、河北潟地域の野菜を届けようと地域の人たちに募金と野菜の提供を呼びかけたところ、約100万円の募金が1ヶ月ほどで集まり、それを原資にして野菜を購入して届ける活動を年数回ずつしてきました。原資は野菜購入のみに使い、農家から無償や安価で提供いただいた野菜を当初は毎回200戸分配達していました。交通費は、最初の2年間は国からの補助をいただきましたが、現在は参加者の自腹で行っています。当初の募金も今回のサツマイモの購入でなくなります。
 焼き芋イベントは、現地に方々から喜ばれ、普段室内に引きこもりがちになっている人も出てきて、笑顔の絶えないイベントとなっています。
 福島では現在では、物は流通しており、野菜を配達する必要性はなくなってきています。しかし、物が流通するに従い、外からやって来る人たちはだんだんと減っていき、そうしたことを寂しさとあきらめのような感情で受け止めている人たちも多く見られます。
 現在では、私たちは人の交流を中心に考えており、たまに顔を出してお互いの近況を話し合っています。
 野菜は流通していますが、実際には地元ではまだ野菜が作れない場所や作ることや食べることを躊躇することがあり、主にスーパーから福島県外産の物を購入しています。もともと多くの方が、家庭菜園や地元野菜を交換し合っていた方々ですので、どうしてもスーパーの野菜には、寂しさを感じてしまいがちです。
 そこで、今回河北潟近辺の方々から自慢の家庭菜園からとれた野菜や、農家の方で栽培されている野菜を無償提供していただけませんでしょうか。提供者の紹介ととともに私たちが直接、仮設住宅の皆様にお届けします。
 焼き芋イベントは12月7日におこないます。6日正午には石川県を出発します。そこで、6日朝までに直接、河北潟湖沼研究所まで野菜を届けてくださる方を募集しています。
 26年12月焼き芋チラシ.jpgご連絡お待ちしています。
posted by ちゅうひくん at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 重要なお知らせ