基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2015年04月27日

5/24(日)田植え体験 参加者募集!

河北潟の南にある田んぼで、生きものや自然環境を守るため、農薬をいっさい使わないお米作りをしています。5月24日には田植えをおこないます。みんなで田んぼに入って、手で苗を植えていきます。泥にふれて、生きものを間近に感じながら、昔ながらの作業を体験してみませんか?みなさまのご参加お待ちしています。
詳しくはこちらのPDFもご覧ください。

○ 田植え 5月24日(日)
時 間:9:00〜12:00
場 所:金沢市岸川町の田んぼ(金沢市二日市多目的広場近く)
対 象:小学生以上(小学生は保護者同伴でお願いいたします。)
内 容:無農薬の田んぼで苗を手植えします。
参加費:1人500円(家族参加は大人1人、子供2人の計3人まで1,000円)
その他:少雨決行・荒天時中止
    里山ポイント1ポイントもらえます。
申 込:参加される方全員のお名前(ふりがな)、年齢、性別、
   代表保護者の住所、電話番号をお知らせください。
申込先
 メールinfo@kahokugata.sakura.ne.jp
 FAX 076-255-6941   

tanbo2015_1.jpg

*里山ポイントについて
いしかわ里山ポイントは、3ポイントで1,000円相当の里山チケットと交換できます。
里山チケットは県内の協賛店で使用できます。
詳しくは石川県のホームページへどうぞ。

***
このイベントは平成27年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金
の助成を受けて開催されます。
***
posted by ちゅうひくん at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年04月14日

河北潟クリ−ン作戦を実施します

第21回河北潟クリーン作戦は以下の要領で実施します。

日時 2015年4月19日(日)9:00-10:00
場所 河北潟湖岸7地点
主催 河北潟自然再生協議会(事務局 河北潟湖沼研究所高橋)

河北潟湖沼研究所の担当はエリアCの津幡漕艇場付近です。
お時間ある方は是非ご参加ください。
詳しくはpdfファイルを御覧ください(こちら)。

2015年クリーン作戦ちらしS.jpg
posted by ちゅうひくん at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2014年11月10日

外来植物チクゴスズメノヒエの除去活動と土水路の保全活動を行います

毎年実施している外来植物チクゴスズメノヒエの除去活動を今年も実施します。また、金沢市二日市町の土水路ではチクゴスズメノヒエがほとんど無くなっていますので、土水路の保全活動に重点を置いて活動を実施します。
ご参加いただける方は、長靴、ゴム手袋、雨合羽の完全装備にてご参加ください。

1回目 11月15日(土)9:00 かほく市指江地区
2回目 11月21日(金)13:30 河北潟干拓地
3回目 11月23日(日)9:00 金沢市大場地区
4回目 11月24日(月)9:00 金沢市二日市地区

いずれも2時間程度の作業です。
詳しくはチラシをダウンロードしてご確認ください。

チラシのダウンロードはこちらから(チクゴちらし2014_CS5.pdf

チクゴちらし2014_ページ_1.jpg
posted by ちゅうひくん at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2014年10月14日

生きものが元気になる農家と消費者の協働を目指して −シンポジウムお知らせ

シンポジウム「ネオニコチノイド系農薬を考える」を行います。
基調講演に「農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす-もう一つの安全神話」など多数の著書を持つ水野玲子氏(NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事)をお招きして、生態系や環境へのネオニコチノイド系農薬の影響について詳しく解説いただきます。また金沢大学名誉教授の山田敏郎氏から専門的立場からの助言をいただきます。
ネオニコフリーエリアを拡大するための「生きもの元気米」の取り組みも紹介します。


日時:11月30日(日)14:00-16:00
会場:金沢勤労者プラザ
主催:NPO法人河北潟湖沼研究所
協力:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
後援:一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト

参加無料です。詳しくは、下記のリンクをクリックして案内チラシをダウンロードしてください。
20141130chirashi.pdf
20141130chirashiomote.jpg
posted by ちゅうひくん at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2014年09月29日

第98回河北潟自然観察会のお知らせ

以下のとおり、第98回河北潟自然観察会を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

−−−−−−−−−−−−−−

第98回河北潟自然観察会
日時 2014年10月5日(日)9:00〜12:00
集合場所 こなん水辺公園駐車場(金沢市東蚊爪)
内容 河北潟のいちばん良い季節です。干拓地内などをまわりながら生きものとの出会いを楽しみましょう。

問い合せ
特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所
TEL 076(288)5803 http://kahokugata.sakura.ne.jp/
E-mail info@kahokugata.sakura.ne.jp
posted by ちゅうひくん at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2014年06月18日

2014年度第1回河北潟セミナーのお知らせ

今年度第一回の河北潟セミナーの開催をお知らせいたします。

今回は金沢大学地域経済情報センターの安嶋是晴先生をお招きして、NPO活動のあり方、社会での位置づけ等について広くお話を伺います。これからの河北潟湖沼研究所の展開を考える上でも、貴重なお話をお聞かせいただける思います。

-------------------------------------------------------------------
タイトル: 「求められるNPO活動と協働のカタチ」
話題提供者: 安嶋是晴 氏 (金沢大学地域経済情報センター)
内容: 近年、行政とNPOの協働が注目されている。そこで、「協働」をキーワードにしながら、今求められるNPOの役割と活動を解説する。
日時: 6月27日(金曜日)18:30-20:30
場所: 特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所
    〒929-0342 石川県河北郡津幡町北中条ナ9-9
    tel.076-288-5803/fax.076-255-6941
地図は研究所ホームページのアクセスの項http://kahokugata.sakura.ne.jp/htmls/access.html よりご確認下さい。
-------------------------------------------------------------------

ご多用中とは存じますが、多数の参加をお待ち申し上げます。
posted by ちゅうひくん at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2014年04月20日

クリーン作戦は無事終了しました

本日4月20日に記念すべき第20回河北潟クリーン作戦は予定通り実施されました。
670名の方々のご参加により、約6トン(推定)のゴミを回収しました。
かつての河北潟と比べると、ゴミがたいへん少なくなってきており、特に大型ゴミの不法投棄はなくなりつつあります。
しかし、金沢競馬場裏手や津幡町の東部承水路沿いなどでは、タイヤや、産業廃棄物などがみられました。ペンキの缶がいくつも棄ててあったり、悪質な業者によりわざわざ河北潟に持ち込まれたと思われるゴミもありました。どうやって持ち込んだのか、ソファも棄ててありました。ガスボンベなどの危険物も複数確認されました。
ポイ捨てゴミや家庭からでたと思われるゴミが袋ごと捨ててあったり、かほく市ではドリンクの瓶が大量に棄てられていたりと、小さなゴミも相変わらずありますが、内灘町や金沢市の才田大橋沿いなど、拾いきれる程度のゴミだけになり、産業廃棄物を含め大量にゴミが捨てられていたかつての状況からは想像できないくらい、河北潟は本当にきれいになりました。
20回の活動の成果が確実に現れていることが感じられました。

IMGP6300.JPG

D地点_IMGP3776.JPG
posted by ちゅうひくん at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2014年04月07日

第20回河北潟クリーン作戦のお知らせ

第20回河北潟クリーン作戦を実施します

 「第20回河北潟クリーン作戦」は、以下の日程で実施します。
 

日  時  2014年4月20日(日) 午前9:00〜10:00(小雨決行)

集合場所 河北潟湖沼研究所の担当は津幡地区となります。集合場所は、津幡漕艇場です。

作業内容  河北潟の護岸沿いや水際付近に漂着したり、投棄されているゴミを拾います。

主催:河北潟自然再生協議会
協力:河北潟環境対策期成同盟会(金沢市、津幡町、内灘町、かほく市)・河北潟水質浄化連絡協議会
後援:石川県・河北潟沿岸土地改良区・河北潟干拓土地改良区・グリーン・アース河北潟

詳しくは↓

clean20.pdf

20130421c.jpg
posted by ちゅうひくん at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2014年04月04日

第95回河北潟自然観察会のお知らせ

以下の要領で第95回河北潟自然観察会を実施いたします。

第95回河北潟自然観察会のお知らせ

日時:4月6日(日)9:00〜12:00
集合場所:こなん水辺公園(金沢市東蚊爪町マ32-1)

春になりました。小鳥がさえずり賑やかな季節です。
天候等の状況をみながら、こなん水辺公園内や干拓地などを回りたいと思います。

みなさまのご参加お持ちしています。

20140202kansatukai.JPG
前回2月2日の観察会で、アメリカコガモを見つけました。
posted by ちゅうひくん at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2014年01月29日

第94回河北潟自然観察会

いつもお世話になっております。
以下の要領で第94回河北潟自然観察会を実施いたします。

日時:2月2日(日)9:00〜12:00
集合場所:こなん水辺公園(金沢市東蚊爪町マ32-1)

冬なので移動しながら野鳥を観察します。
みなさまのご参加お持ちしています。

IMGP5973.JPG
posted by ちゅうひくん at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2013年11月19日

第93回河北潟自然観察会

河北潟自然観察会は偶数月の第1日曜日ということになっておりますが、次回は、都合により第2日曜日の開催とさせていただきます。

第93回河北潟自然観察会

日時:12月8日(日)9:00〜12:00
集合場所:こなん水辺公園(金沢市東蚊爪町マ32-1)
内容:干拓地で野鳥を観察します。干拓地農家の方々に野鳥について知っていただくため、自然観察をしながら干拓地に移動し、10時より農家の方々と合流しての観察会にしたいと思います。
今年2月にも実施いたしましたが、とてもいい交流ができました。野鳥のすみかを守っている農家とのジョイントで、河北潟干拓地の生物多様性保全を進めましょう。
みなさまのご参加お持ちしています。

第93回自然観察会.jpg
posted by ちゅうひくん at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2013年08月05日

「ヨシ舟を作って、のってみよう」に強力な助っ人

あと20日に迫ったイベント「ヨシ舟を作って、のってみよう」に強力な助っ人が現れました。
「カムナ葦船プロジェクト」石川仁さんです。
石川さんのプロフィールをちょっとだけ紹介します。

アメリカ、南インド、ヨーロッパ、東アフリカへ放浪の旅ののち、ラクダとともにサハラ砂漠を2700キロを単独で歩く。
コロンビアのオリノコ川の支流800キロを2ヶ月かけて丸木舟で下る。
クスコ(ペルー)に住み、1年半現地でガイド(チチカカ湖、マチュピ チュ)をする。チチカカ湖を4ヶ月かけて 葦船で一周。
国連公式プロジェクト「エキスペディション・マタランギ」に参加。
「葦船マタランギV」の航海から帰国後、日本での葦船作りのために「カムナ葦船プロジェクト」を設立する(2002年)。日本各地で葦船作りのワークショップ始める。
カムナ葦船プロジェクト主催で、「葦船カムナ号」を製作。 高知県足摺岬より出航し、東京都神津島まで13日間1000キロを航海する(2005年)。
2013年 現在までに、ワークショップなども含め、計137艇の葦船を製作。
現在、カムナ葦舟プロジェクト代表。

プロフィールをみただけで、わくわくどきどきしてきます。お会いするのが楽しみです。せっかくですので、前日から交流会を企画しました。いろいろな体験談や全国でのイベントでの経験などお聞きしたいと思います。
前日、当日とも参加者募集中です。
ご希望の方は河北潟湖沼研究所まで。

「ヨシ舟を作って、のってみよう」
日時:2013年8月25日(日)  9:00〜17:30
場所:こなん水辺公園
内容:園内で刈り取ったヨシを使って舟を作ります。
作ったヨシ舟を大宮川に浮かべて乗ってみます。
持物:動きやすい服装
    お弁当、水筒、タオル

〜ヨシ舟づくり前夜交流会〜石川仁さんと交流しよう
日時:2013年8月24日(土)
    18:00〜20:30
場所:金沢勤労者プラザ
    (103研修室にて)
会費: 3,000円
   (学生割引 2,500円)

紹介記事
http://www.bayfm.co.jp/flint/20050717.html
posted by ちゅうひくん at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2013年07月07日

ヨシ舟づくり参加者募集

昨年、こなん水辺公園救援隊で刈り取ったヨシをつかって、なんと人が乗れる、もちろん水の上に浮かぶ「ヨシ舟」を作ります。
8月25日(日)9:00-17:30に、金沢市こなん水辺公園で行います。
参加申し込みいただければ30名様まで参加できます。
お申し込みは、
← e-mail:info@kahokugata.sakura.ne.jp
まで。

チラシのダウンロードはこちら
posted by ちゅうひくん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2012年10月16日

2012年度チクゴスズメノヒエ除去活動のお知らせ

外来種のチクゴスズメノヒエ除去活動を今年も行います。
毎年の取り組みで、徐々に駆除の完了区間と在来植生が戻ってきた区間が出てきました。
今年は11月に5回の活動を行います。
このうち11月11日の取り組みでは、自然観察会を同時実施します。
多くの皆様のご参加をお待ちしています。

kenkyujochirashi-s.jpg

ちらしPDF → 研究所ちらし.pdf
posted by ちゅうひくん at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2012年08月31日

第7回河北潟セミナーのお知らせ

もうすぐ8月も終わるというに厳しい残暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
毎度、開催直前の案内となり申し訳ありません、今年度第二回(通算7回)の河北潟セミナー開催を
案内いたします。

今回は、科学・技術的側面から地域農業について研究を続けておられる梅本英之先生(石川県農林
総合研究センターを講師にお招きし、土壌の保全と施肥技術についてお話を伺います。
自然系や農業系の負荷の削減が課題となるこの地域について、タイムリーなお話が伺えると思います。

-------------------------------------------------------------------

タイトル: 「環境保全的な、土と肥やしの話」
話題提供者: 梅本 英之 氏
      (石川県農林総合研究センター農業試験場 専門研究員)

内容: 土と肥料にまつわる環境保全的な農業技術として、
@コート肥料と作業機械による最新の施肥技術、
A堆肥や緑肥を組み合わせた減肥料栽培技術、
B栄養塩の排出抑制技術、
の三者が挙げられる。そこで、これらの技術について、当センターにおけるこれまでの
取り組みと、最近のトレンドについて紹介する。

日時: 9月11日(火曜日)18:30-20:30
場所: 特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所
    〒929-0342 石川県河北郡津幡町北中条ナ9-9
    tel.076-288-5803/fax.076-255-6941
地図は研究所ホームページ,http://kahokugata.sakura.ne.jp/fram.html よりご確認下さい。
posted by ちゅうひくん at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2012年08月10日

能登島で島をつくろう森をつくろう

福島に野菜を送る取り組みにご協力いただいている「能登島自然の里ながさき」の活動で、能登島の長崎浜に小島をつくり,森の保全活動を行います。能登島のこどもたちとその他の地区のこどもたちの交流も企画しています。
河北潟湖沼研究所も応援しています。河北潟地域のこどもたちにも参加いただけます。
ご興味のある方は、河北潟湖沼研究所までメールください。

−−−以下案内

 七尾市能登島長崎町の活動グループ「能登島自然の里ながさき」は、里山・里海の多様性創出の取り組みとして、海浜植物のための小島づくりと里山の整備をしています。
 夏休みの思い出に、手作りで自分たちの島をつくり、森の整備を行います。
 福島県南相馬の方々との交流の記念に、小島を作り復興祈願します。

日時 2012年8月26日(日)
   10:00-15:00(午前:森づくり、午後:小島づくり)
場所 能登島長崎地区多目的集会場(集落中央、神社入口)

小学生を含む親子や、グループ単位でご参加ください。能登島や参加地域の小学生たちの交流会(昼食会)も行います。

案内チラシのpdfファイル

チラシ.jpg
posted by ちゅうひくん at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2012年02月24日

第5回河北潟セミナー

第5回の今回は、河北潟の営農と自然再生を考える際に重要な、沿岸の用排水管理,特に水位管理の仕組みについて具体的に学ぶことを主題とし、以下の要領で開催いたします。

タイトル: 「河北潟干拓と沿岸地域の排水対策」
話題提供者: 長原克信 氏(河北潟沿岸土地改良区 事務局長)
内容: 河北潟干拓の概要と、河北潟(残存水面)と沿岸地域の排水状況について
日時: 2月28日(火曜日)18:30-20:30
場所: 特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所
    〒929-0342 石川県河北郡津幡町北中条ナ9-9
posted by ちゅうひくん at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2011年11月30日

第4回河北潟セミナーのお知らせ

9月より「河北潟セミナー」と題する座学を実施しています。

第四回の今回は、干拓地営農の歴史・現状・課題について、より具体的に知ることを主題とし、以下の要領で開催いたします。

タイトル: 「河北潟干拓地における営農活動」
話題提供者: 鈴木時秀 氏(河北潟干拓土地改良区 事務局長)

話題の紹介:
 河北潟干拓は、昭和30年代までの国内の食糧不足を確保するために行われた国営事業であったが、昭和40年代に入ると、米余り時代となり昭和45年開田抑制通達により河北潟建設事業も「米作り」から「畑作地」に計画が変更となり「畑」「特殊畑(レンコン)」「酪農」となった。
 昭和61年から本格的な営農が開始され、国指定の「キャベツ」石川県指定の「すいか」と順調な営農であったが、近年になり実需者のニーズの対応と農業者の高齢化、後継者不足から畑作に対する意欲が陰り機械力に依存する傾向が強く、特に麦・大豆や、元来周辺地域からの増反者は米作りが主目的であることから、営農体系が穀類を中心とした営農に変化してきた。
 現在は、ブランド化したレンコン・サツマイモや、水稲、麦、大豆の穀類、施設園芸の小松菜、果樹等を中心とした営農体系に変わってきた。
 酪農は乳価の低迷、飼料の高騰等が影響し入植当時から低迷が続いているも、石川県の45%の消費量を維持している。


日時: 12月13日(火曜日)18:30-20:30
場所: 特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所
    〒929-0342 石川県河北郡津幡町北中条ナ9-9
    tel.076-288-5803/fax.076-255-6941
地図は研究所ホームページ,http://kahokugata.sakura.ne.jp/fram.html よりご確認下さい。
posted by ちゅうひくん at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2011年10月28日

チクゴスズメノヒエ除去活動のお知らせ

 河北潟の周辺の水路や河川において、外来植物(チクゴスズメノヒエ)の除去活動を今年度も行います。この活動は、河北潟地区外来植物対応方策検討会と今年発足した河北潟の水辺を守り隊に参加する団体が主体となって、また一般の市民に呼びかけて実施するものです。
以下に作業日程と参加呼びかけのチラシ(PDFファイル)を掲載します。

(1)11月11日(金) 9:00〜11:00 河北潟干拓地内
(2)11月12日(土) 9:00〜11:00 指江第一用排水機場周辺
(3)11月13日(日) 9:00〜11:00 津幡町浄化センター横
(4)11月19日(土) 9:00〜11:00 二日市川近くの水路
(5)11月20日(日) 9:00〜11:00 金沢市こなん水辺公園

案内チラシのダウンロードはこちら→http://kahokugata.sakura.ne.jp/news/pdfjpg/chikugo2011.pdf

詳しいことは河北潟湖沼研究所までお問い合わせ下さい。

chikugo2011.jpg
posted by ちゅうひくん at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2010年02月01日

第70回河北潟自然観察会のお知らせ

以下の通り、第70回河北潟自然観察会を実施します。
冬鳥の観察シーズンです。ご参加お待ちしております。

日時  2010年2月7日(日)午前9時〜12時
集合場所 こなん水辺公園(金沢市東蚊爪)(自動車のない方はお問い合わせください。)
内容 水鳥や干拓地のタカ類などが観察できると思います。
問い合せ 特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所
e-mail:kahoku_lake@hotmail.com 高橋

干拓地の畑の中に隠れていたタゲリの群れ
posted by ちゅうひくん at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報