基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2010年04月10日

4月のご挨拶

いつの間にか桜が満開です。
河北潟干拓地の堤防沿いに桜が植えられたときには、河北潟に桜?と,個人的にはあまり評価はしておりませんでしたが、立派な桜並木になって、河北潟の新しい名所になってきました。計画立案者に先見の明があったということだと思います。人の関わりにより生まれた新しい環境要素として、研究対象としてもみていきたいと思います。
4月からまた、こなん水辺公園の自然解説員配置の業務を金沢市より受託しました。毎土日の昼間の時間を中心に解説員がおりますので、来園された際には気軽にお声をかけてください。
4月11日には,恒例の河北潟クリーン作戦があります。河北潟自然再生協議会が主催し、河北潟を抱える2市2町、県、土地改良区などの協力を受けて実施されるもので、毎年800名程度の方にご参加いただいています。このブログのいくつか前の記事に案内がありますので、御覧ください。
また同日、11時頃から、競馬場裏手の湖岸において、河北潟グリーン作戦をおこないます。これは、かつて県により堤防工事の際に設置された消波柵が壊れているのを、市民の手でメンテナンスするものです。建設には予算が付くがメンテナンスには付かない公共の予算の在り方も問題ですが、市民の水辺への関わりとして楽しみながら実施されるものです。河北潟自然再生協議会が実施します。
研究所の内部の活動では、昨年設置した3つのワーキンググループ(ビジョン、評価、事業)のまとめをおこないます。また新年度の総会の準備のための理事会が予定されています。
春の陽気に誘われて、河北潟散歩。
遅くなりましたが、今月もよろしくお願いいたします。

(高橋 久)
posted by ちゅうひくん at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37021231

この記事へのトラックバック