基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2020年04月22日

(報告)河北潟自主ゴミ拾い

 2020年4月19日に予定していた「河北潟クリーン作戦」は、新型コロナウイルス感染症拡大を懸念する声が高まり中止となりました。今年で26年目、通常600〜700名の方が参加する一斉ゴミ拾い活動です。とても残念なことでしたが致し方ありません。(クリーン作戦についてはこちら⇒http://kahokugata.sblo.jp/article/187255089.html )

 延期ではなく中止ですか?という事をよく聞かれましたが、河北潟の水辺でゴミ拾いに適した季節というのは、一年のうちにそう長くはなく、ちょうど4月、今の季節です。これより後から秋にかけては、水辺に草が生い茂ります。そうするとゴミが見つけにくくなり、また、ほとんどが垂直に護岸された河北潟の水辺では、水際が草で見えにくくなると水中に転落してケガをする危険がとても高くなります。冬になると草は枯れますが、今度は雪で覆い隠される日も多くなります。その他協力団体や行政の都合等も考えると、4月が実施に適した時期です。このため、今年は中止となりました。しかし中止になったからといってゴミは消えません。たくさんのゴミが見える状態で放置されているのはとても残念な事です。

 イベントとしての河北潟クリーン作戦は中止しましたが、予定していた8地点のうちのひとつの地点で、自主的にゴミ拾いを行いました。数人で、話すこともなく黙々とゴミ拾いを約1時間半続けました。この地点は今年新たに加わった地点で、これまで河北潟クリーン作戦でのゴミ拾いは行われていなかった地点です。これまで樹木がたくさんあった場所ですが、国土強靱化の号令の下に、2019年末から大規模な伐採が行われた場所です。(樹木伐採についてはこちら⇒http://kahokugata.sblo.jp/article/187117117.html )これまで覆い隠されていた場所の、たまりにたまったゴミが露わになっています。

2020042101DSCF2973.jpg
ゴミ拾い前

2020042102DSCF3025.jpg
ゴミ拾い後 手前はきれいになりましたが奥にはゴミがたくさん残っています

20200421 (2).JPG
ゴミ拾い中

20200421 (1).JPG
拾い集めたごみ

 どのようなゴミがあったのか、河北潟湖沼研究所で調べました。以下に紹介していきます。
<発泡スチロール箱>かさでいえば一番多かったのが発泡スチロール箱です。ゴミ袋11袋プラス7箱ありました。軽いのですがとてもかさばります。厄介なのは砕けて細かくなったものです。壊れやすいので、バラバラになりやすく、あちこちに飛び散っていました。とても軽いのでわざと捨てた、というよりは思いがけず風で吹っ飛ばされてしまった、というものも多いのではないかなと思います。
20200421 (8).JPG
細かくなると草に隠れて見つけにくいです。

<プラゴミ>12袋ありました。バケツや鉢他、何かの容器が砕けたものが多かったです。食品かお弁当が入っていたような容器が砕けたものも多かったです。このようにどんどん砕けて小さくなり、魚などがエサと間違えて食べてしまう事も問題です。箱型のプランターも複数個ありました。

<ペットボトル>9袋でしたが、ものの数で言えば一番多かったのではないでしょうか。不思議なのは律義にフタをきっちり閉めてあるものが多いことです。フタをきっちり閉める律義さがあるなら、ゴミ箱に捨ててほしいです。外側のフィルムは剥がれてしまったものがほとんどでした。細かくなってどこかを漂っているのでしょう。

<空き缶(飲料)>2袋。中にたばこの吸い殻をいっぱいに詰めているものもありました。

<ビン>3袋ありました。重いです。栄養ドリンクが入っていたのであろう茶色ビンが多かったです。お酒の大きなビンも何本もありました。それから調味料が入っていたビンです。作業中に1本割ってしまいました。ゴミ拾いの時は気をつけなければいけません。
20200421 (4).JPG

<ボール>19個ありました。軟式ボールが多かったです。きっとどこか上流から流れ着いたのでしょう。落とした子(たぶん)は無念だったでしょうね。
20200421 (6).JPG

<牛乳パックなどを運搬する箱>牛乳パックの運搬用コンテナです。5箱ありました。返却するのが面倒くさかったのでしょうか。

<そのほか>食器用洗剤、使いかけでした。/お好み焼き用ソース、これも使いかけでした。/ライター、数個/未開封のビール缶/未開封の食用油、賞味期限が10年前のもので2本ありました。/整髪料やシェービングクリーム?の空き缶、まだ少し中身が残っていました。/電球1個/蛍光灯1本/給食の配膳に使われているようなアルミトレー1個/壊れた三角コーン/スコップの先だけ/手箕(てみ)/バット2本/タイヤ1本/ヘルメット、会社名に名前も入っていたので捨てたのではなく不意に落としてしまったのでしょう。/大きな布の袋のようなもの(風袋?)/サンダル3個(片方だけ)等
20200421 (3).JPG

20200421 (5).JPG


 ゴミの内容は以上のような感じでした。わずか数名での作業でしたがゴミの量がとても多く、例年数十人〜百人単位でひとつの地点で拾い集める量と同じくらいのゴミがありました。でもこの日拾うことができたのはほんの一画だけで、まわりにはまだまだたくさんのゴミが残っています。
20200421.JPG
手つかずのエリア

来年27回の河北潟クリーン作戦が実施できる状況になっていることを願っていますが、現状から考えると新型コロナウイルスが来年に終息しているとも思えず、数百人、数千人以上の大きなイベントはこれまでのように実施できない状態が数年は続いてしまうのかなとも思います。来年には収まっていて、また以前のような形でゴミ拾いを実施できることが一番よいのですが、そうはならなかった時用のできる形も今から考えておかないといけないのかなとも思います。
 しかしゴミをたくさん見ていると、これはどんな状況で捨てられた/落としたのかなあ、といろいろ想像してしいますね。
タグ:ゴミ拾い
posted by ちゅうひくん at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 河北潟の情報

2020年04月15日

こなん水辺公園解説員配置休止のお知らせ(4/18〜5/3)

【こなん水辺公園解説員配置休止のお知らせ】
こなん水辺公園で3月〜11月までの毎週土日10:00〜14:00に自然解説員を配置していますが、公園を管理する金沢市より要請があり、4月18日(土)から5月3日(日)までの期間、解説員の配置を休止いたします。
再開の際はまたご案内します。
*この期間も公園自体は開いています。


⇒5月9日(土)より再開しました。
5月末までは以下のように対応いたします。
・解説員対応は少人数(2〜3人)のみとなります。
・公園備品(網・虫かご・双眼鏡等)は貸し出しできません。
・各自で網や虫かごを持参して生きもの観察をすることはできます。観察した後は元の場所に逃がしてください。
・公園ではお互いに距離をとるように気をつけましょう。
よろしくお願いいたします。


konanosirase20200415.jpg
posted by ちゅうひくん at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報