基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2019年09月18日

(参加募集)9/27シンポジウム「閉じられた汽水域の課題と保全策を陸水学的に考える」

シンポジウム「閉じられた汽水域の課題と保全策を陸水学的に考える」

日時 9月27日(金)15:00〜17:00
場所 金沢大学(日本陸水学会会場)

本シンポジウム(自由集会)は、昨年はつくばで開かれた「第17回世界湖沼会議」にて再汽水化に関するワークショップ「日本海側汽水域の現状と生態系機能の再生」に続く第2弾です。
今回は、金沢大学角間キャンパスで9月27日(金)〜30日(月)の日程で開かれる第84回日本陸水学会 金沢大会の自由集会として開催致します。
学会行事ですが、自由集会については、学会参加者以外の方も無料で参加できます。
皆様、ぜひご参加いただけますようお願い致します。
以下詳細案内です。
-----------------------------------------------------------------------------------
タイトル:自由集会「閉じられた汽水域の課題と保全策を陸水学的に考える」
日時: 9月27日(金)15:00〜17:00 学会初日です、参加費無料です。
趣旨:
 金沢近郊には、干拓事業に伴って淡水化された河北潟という海跡湖があります。河北潟と同様に干拓事業に伴い淡水化された八郎潟、諫早湾、河口堰が建設された霞ヶ浦や長良川、各地の汽水域において諸課題に向き合ってこられた方々を一堂に集め、今後どのように保全策を検討し進めるべきか陸水学的な視点でもって考えようという意欲的な自由集会です。ご多忙の折とは存じますが、皆様どうぞお誘い合わせの上ご参加くださいますようお願い申し上げます。

会場:「金沢大学角間キャンパス自然科学本館:本館203教室(C会場)」
JR金沢駅兼六園口(東口)より北陸鉄道バスで約30分、E乗場→91、93、94、97「金沢大学 (角間)」行、「金沢大学自然研前」下車です。

事例紹介者:
 八郎潟(近藤 正 秋田県立大学)
 河北潟(高野典礼 国立石川高専)
 諫早湾(東 幹夫 長崎大名誉教授)
 霞ヶ浦(山室真澄 東京大学)
 長良川(武藤 仁 長良川市民学習会)

懇親会: 9月27日18:00開催
 「馬づら」(〒920-1157 石川県金沢市田上さくら2-26 電話: 076-263-3040)
  飲放題付き5000円を予定、こちらは事前予約が必要ですので、参加希望の方(飲放題付き5000円を予定)は永坂まで連絡頂けるようお願い致します。

問い合わせ:永坂正夫(金沢星稜大学)
〒920-8620金沢市御所町丑10番地1
nagasaka@seiryo-u.ac.jp
TEL&FAX 076-253-3946

高橋 久 (NPO法人河北潟湖沼研究所)
〒929-0342 石川県河北郡津幡町北中条ナ9-9
tel 076-288-5803 fax 076-255-6941
posted by ちゅうひくん at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報