基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2019年07月25日

(参加募集)河北潟で市民科学・現地調査(7/28、8/3、8/4)

「河北潟の再汽水化に向けた市民協働調査」の現地調査の詳細が決まりました。事前のお知らせより時間と実施内容が少し変更となりました。
(事前のお知らせはこちら

第1回
日時 7月28日(日)9:00〜15:00
集合 9:00までに河北潟湖沼研究所(津幡町北中条ナ9-9)
主な目的と調査場所 河北潟や干拓地に流入する伏流水を見つけ、水質を測定します。また、ボートで大野川の湖岸を見てまわり、水辺の現状を把握します。
注意 できるだけ長袖・長ズボンを着用、同時に暑さ対策を万全に。

第2回
日時 8月3日(土)8:30〜15:00
集合 8:30までに河北潟湖沼研究所(津幡町北中条ナ9-9)
主な目的 大野川にシジミは生息するか?塩分濃度の違いにより,岸辺生物の種類はどう変化するか?
調査地 大野川沿いに下流から水門まで,岸沿い(生物調査)及び河川内(ボート)(シジミ調査)で調査します。また、ウナギの生息状況も調査します。
天候によっては第3回の内容と入れ替えます。

第3回
日時 8月4日(日)8:30〜15:00
集合 8:30までに河北潟湖沼研究所(津幡町北中条ナ9-9)
主な目的 湖内において水質・生物等の調査を行い現況を知るとともに,河北潟の「濁り」に着目し,観察と実験を行います。第2回に引き続き、ウナギの生息状況も調査します。
調査地 湖南水辺公園からボートで出航できる範囲とします。
天候によっては第2回の内容と入れ替えます。

どの回も、どなたでもご参加いただけますが、前日までに河北潟湖沼研究所(info@kahokugata.sakura.ne.jp)まで、お申し込みください。

*この活動は高木仁三郎市民科学基金の助成を受けて実施しています。

20190725-2.jpg
posted by ちゅうひくん at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2019年07月18日

(参加募集)8/20河北潟流域ツアー「上流と下流をみてみよう」きょうは一日自由研究

川の上流、中流、下流部ではどんなちがいがあるのでしょうか?バスで上流、中流、下流をまわって「研究」してみよう!水や生きものなどをみんなで調べます。
河北潟にはたくさんの川が流れ込んでいますが、今回は森下川(もりもとがわ)をまわります。川の自然、河北潟とのつながりを体感しよう!
*雨天の場合、内容を一部変更して実施します。室内での実験や観察などの時間を増やします。

<河北潟流域ツアー 上流と下流をみてみよう きょうは一日自由研究>
日時:2019年8月20日(火)9:00〜15:30
内容:バスに乗って森下川上流、中流、下流を周り、各地点で観察します。
   水質(パックテスト、透視度)、水中の生きもの、土や石、風景等を調べて記録します。
集合解散場所:金沢駅
対象:主に小学生とその保護者を対象としています。限定するものではありませんので、大人のみでの参加も可能です。
定員:10組20名程度
もちもの:飲み物、昼食、筆記具、ノート、サンダル(雨の場合は長靴)、タオル、雨の場合は傘やカッパ等雨具をお持ちください。
服装:動きやすくて多少ぬれてもよい服装、帽子
参加費:1人500円
後援:金沢市
助成:地球環境基金


<注意事項>
・小学生4年生以下は必ず保護者同伴でお願いいたします。
・小学5年生以上は子どものみでの参加も可能ですが、保護者の同意が必要です。
・上流、中流地点では川に入る予定です。⇒雨天や増水していた場合、川には入らず、室内での実験や観察等をふやします。
・雨天等の場合は、内容を一部変更して実施します。
・イベント最後に、当イベントについてのアンケートを実施します。ご回答にご協力をお願いします。
・イベントの様子を主催者で撮影し、後日HP等で公開する場合があります。ご了承のうえお申し込みください。

<参加申し込み・お問い合わせ>
参加申し込みは、下記よりお願いします。メール、FAXの場合は、参加される方全員のお名前と年齢、電話番号(つながりやすいもの)、ご住所をお知らせください。

主催:河北潟湖沼研究所
  申込フォーム https://www.secure-cloud.jp/sf/1526975149YDHvMVHH
  メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
  FAX 076-255-6941


<当日の予定>
9:00 金沢駅集合、出発
9:40 上流地点 観察
11:30 中流地点 観察
12:30 昼食休憩(金沢市三谷さとやま交流広場)
13:10 観察できたものの記録、整理
14:00 下流地点 観察
14:30 今日のまとめ
15:30 金沢駅で解散
*予定は変更となる場合があります。

◎チラシのPDFはこちら

20190820 (1).jpg

20190820 (2).jpg

*本イベントは地球環境基金の助成を受けて行います。
posted by ちゅうひくん at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2019年07月11日

(参加募集)河北潟で市民科学してみませんか?レクチャー、討論、現地調査

一緒に市民科学してみませんか?

 河北潟の水質改善については、石川県や2市2町(金沢市、津幡町、かほく市、内灘町)が1990年代半ばより改善目標を掲げ取り組んできていますが、わずかな改善がみられたものの大きくは状況は変わっていません。かつての清湖のような湖に戻すには何が必要でしょうか?
 再び海水の入る湖に戻すこと(再汽水化)は、ひとつの有効な解決方法と考えられますが、行政の方針としては検討されていません。私たち河北潟湖沼研究所では再汽水化を見据えた河北潟の環境改善の方法を研究しています。その中で、改善の可能性が見出されてきましたが、打ち出の小槌のように、海水を入れればそれですべて解決する、ということでも無さそうです。農業用水の確保、生態系の変化への対応など、再汽水化の前に考えなければならない問題もあります。
 そこで、市民のみなさまと現地を調べながら、再汽水化によって解決する環境問題と、再汽水によって起こりうる環境問題、再汽水化する上での社会的困難性について解析し、課題の解決方向と必要な研究についてまとめたいと考えています。
 以下の日程で参加者を募集します。
 参加費はかかりません。参加いただける方はinfo@kahokugata.sakura.ne.jp(河北潟湖沼研究所事務局)までお知らせください。

<日程>
 7月13日(土)17:00−19:00 レクチャーと討論「河北潟の環境問題」
 7月20日(土)17:00−19:00 レクチャーと討論「河北潟の再生」
 7月24日(水)18:00−20:00 レクチャーと討論「河北潟と水質」
 7月28日(日)9:00−17:00 現地調査 河北潟周辺域(水田、砂丘)
 8月3日(土)9:00−17:00 現地調査 湖岸
 8月4日(日)9:00−17:00 現地調査 湖面
(7月25日追記:現地調査詳細が決まりました。こちらのページからどうぞ)

<会場>
7月13日、7月20日、7月24日の会場は河北潟湖沼研究所事務所となります。
 住所 〒929-0342 石川県河北郡津幡町字北中条ナ9-9
 地図 https://goo.gl/maps/wrGq4rvXgg42

7/28、8/3、8/4の現地調査の集合場所は別途ご案内いたします。
(河北潟近辺を予定しています。)

<参加費>
 無料

<参加申し込み・お問い合わせ>
 NPO法人河北潟湖沼研究所
 メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
 参加される日程、お名前、ご住所、電話番号をお知らせください。

*この活動は高木仁三郎市民科学基金の助成を受けて実施しています。

20190711blog.JPG
posted by ちゅうひくん at 13:26| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント情報

2019年07月05日

田んぼの生きもの調査イベントのご案内

tanbonoikimonotyousa_2019.jpg

田んぼではカメムシを退治するためにネオニコチノイド系農薬(殺虫剤)の無人ヘリによる散布がおこなわれています。毎年、広い範囲で、毒性の強い農薬が予防的に散布されていることで、田んぼの生きものや、生態系にダメージを与えていることが考えられます。田んぼ一枚ごとに生きものを調べ、田んぼの生きものや農薬について考えていきたいと思います。一見どこも同じように見える田んぼですが、田んぼによってみられる生きものがずいぶん異なっている場合があります。水の管理のしかたや、お米のつくりかた、まわりの環境など、色々なことが影響します。農薬の影響をみるためには、農薬を使っている田んぼ、使っていない田んぼで同じ調査をおこない、一度の調査ではなくデータを重ね、検証していくことが重要と考えています。今年はみんなで調査活動をおこないます。田んぼの生きもの調査員になって、色んな田んぼをみくらべてみませんか?

==================
田んぼの生きもの調査
田んぼに水が張られている6月上旬、無人ヘリによる殺虫剤の空中散布の実施前となる7月下旬、空中散布後の8月上旬に、5枚の田んぼを対象に生きものを調べます。

開催日
・7月16日(火)
・7月28日(日) 
・8月 4日(日)
・8月 6日(火)
 ※時間はいずれも9:30〜12:00開催です。

内容:イナゴやトンボなど、田んぼにいる陸生昆虫類を調べます。
参加費:無料

申込方法:下記フォームもしくはメールにてお申し込みください。
申込フォーム https://www.secure-cloud.jp/sf/1550056203YItQXlDu
メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
※お名前と年齢、住所、電話番号、参加希望日をお知らせください。

主催:NPO法人河北潟湖沼研究所(担当:川原)

◎ 6月の田んぼの水生動物・底生動物調査は、終了しました。

※天候などにより、日程を直前で変更する可能性がございます。登録いただいた方には改めてご連絡させていただきます。4日間ありますが一部の参加でも可能です。

本イベントは、2019年度アクト・ビヨンド・トラストの助成を受けています。
posted by ちゅうひくん at 20:17| Comment(0) | イベント情報