基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2019年03月29日

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社様よりご寄付いただきました

河北潟湖沼研究所は、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社様より「eco保険証券・Web約款選択件数に応じた寄付活動」に基づく寄付金165,000円を賜りました。

 *「eco保険証券・Web約款選択件数に応じた寄付活動」についてはこちらをご覧ください。
  あいおいニッセイ同和損保ホームページ

  http://www.web-yakkan.jp/taiken/contri.html
 
 2019年2月22日に、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社金沢支店業務推進マネージャー山下茂様、金沢支店業務推進スタッフ齊藤深雪様にお越しいただき、研究所理事長・高橋へ目録の贈呈が行われました。

gosien1.jpg

 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、そして同社で保険契約されている皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。いただいた寄付金は河北潟の環境保全活動に有効に活用させていただきます。これからも真摯に活動を続けてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

*あいおいニッセイ同和損害保険株式会社様からは2017年度にもご寄付をいただいています。
posted by ちゅうひくん at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2019年03月20日

4/14河北潟クリーン作戦(第25回)のお知らせ

毎年恒例の河北潟クリーン作戦、2019年は4月14日(日)に開催します。河北潟の水辺でゴミ拾いを行います。みなさまのご参加、ご協力をお待ちしております。
◆チラシpdfはこちらから◆
チラシやポスター設置にご協力いただける方いらっしゃいましたら、事務局の河北潟湖沼研究所までご連絡いただければ幸いです。

<河北潟クリーン作戦>
日時/2019年4月14日(日)9:00〜10:00
実施場所/河北潟の湖岸7地点
受付/6か所あります。9:00までに参加したい地点の受付に集合ください。事前に各団体を通じて登録をされていない方や当日個人で参加される方は、いずれかの地点で必ず受付名簿にご記入ください。
(受付の場所)
・受付A 金沢競馬場近く https://goo.gl/maps/F8EQAqVWuiD2
・受付B 才田大橋近く https://goo.gl/maps/qKkv3bBCyfr
・受付C 湖南大橋近く https://goo.gl/maps/2bedVpK8Uix
・受付D 津幡漕艇場 https://goo.gl/maps/SQzFRBRStEz
・受付E 宇ノ気水辺公園 https://goo.gl/maps/wAn5UUo5ySn
・受付F 蓮湖渚公園駐車場 https://goo.gl/maps/Mxqf4iKi6TD2

主催/河北潟クリーン作戦実行委員会
(河北潟クリーン作戦実行委員会 構成団体)大浦校下町会連合会、河北潟沿岸土地改良区、河北潟干拓土地改良区、河北潟自然再生協議会、河北潟ボートクラブ ア・リバーランズ、かほく市勤労者協議会、グリーン・アース農地・水・環境保全組織、湖南地区町会連合会、津幡の水辺を守る会、北陸ランカースナイパーズ、NPO法人河北潟湖沼研究所
後援/石川県
協力/河北潟環境対策期成同盟会(金沢市、かほく市、津幡町、内灘町)、河北潟水質浄化連絡協議会
事務局/NPO法人河北潟湖沼研究所
 
<お問い合わせ>
事務局 NPO法人河北潟湖沼研究所
 メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
 でんわ 076-288-5803
 FAX 076-255-6941

*当日問い合わせ先*
 金沢市役所 076-220-2121、かほく市役所 076-283-1111、
 津幡町役場 076-288-2121、内灘町役場 076-286-1111

<クリーン作戦実施要項>
◆集合・受付 ●受け持ち区間のある団体から参加される方は、受付場所、時刻等、加盟団体の指示に従ってください。●受け持ち区間が決まっていない団体や、個人で参加される方は、ご自宅から参加しやすい地区へ参加してください(各受付地点A〜Fのいずれかにお集まりください・チラシまたは上記リンクを参照ください)。●傷害保険の手続き上、各団体を通じての参加登録がお済みでない方や、当日個人で参加される方は、必ず受付でお名前を記入ください。●はじめて参加される方は、受付でゴミ収集方法、注意事項やゴミ集積場所を確認ください。

◆服装・準備物 ●普段着の汚れてもよい動きやすい服装でお願いします。長靴と軍手をご用意ください。ゴミ袋は各受付にて配布します。

◆その他注意事項 ●河北潟の湖岸は安全な場所ではありません。あくまでも自己責任において、危険の回避に心がけてください。傷害保険に入っていますが、十分な補償ができるものではありません。また、事故の内容、状況によっては保障されない場合があります。●危険物の収集や無理な作業、単独行動は避けてください。産業廃棄物や流木、その他の危険物は触らないでください。また、テレビなどの大型家電も集めないでください。もし、発見した場合は、場所や数などを世話人へお知らせください。世話人は、背中に「守ろう河北潟」と書かれた黄緑色のブルゾンを着用しています。

◆雨などで全体中止のときは、受付A(@)の1地点で希望者のみで実施します。

clean2019_omote.jpg

clean2019_ura.jpg
posted by ちゅうひくん at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2019年03月08日

グリーンインフラを支えるコミュニティ

北陸グリーンインフラ研究会の2019年研究会「グリーンインフラを支えるコミュニティ」が開催されます。
グリーンインフラを導入、活用していくための、デザイン、合意形成、維持管理の実践例などを、日本各地で先進的な活動を行う研究者・実践者による研究会です。河北潟での取り組みについても紹介されます。
参加は無料ですが、申込が必要です。
詳しくは(こちら)からpdfファイルをダウンロードしてください。
20190324-グリーンインフラ研究会-4−20190223.jpg
posted by ちゅうひくん at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2019年03月04日

参加募集(3/17)伝える動画の作り方ワークショップ

スマホやデジカメの普及により、だれでも動画を作ることができる時代となりました。河北潟湖沼研究所でも動画コンテンツで河北潟や流域の自然をPRしたいと考え、PR動画づくりを始めました。しかしいざ動画を作り出すと、どうやったら伝わる動画になるのか、どれくらい撮影したらよいのか、そもそも見てもらえるのか、色々とわからないことだらけです。
そこで今回、環境についてさまざまな啓発、普及動画を制作しているグリーンピース・ジャパンより協力を得て、動画づくりのワークショップを実施します。自然環境保全活動を広め、関心を高めるコンテンツとしての動画づくり、いっしょに勉強してみましょう。
どう伝えたら環境保全活動にもっと参加してもらえるようになるだろう?どう伝えると生活と自然環境のつながりに関心を持ってもらえるだろう?・・・そんなことを考えながら勉強していきたいと思います。ご参加お待ちしています。

<伝える動画の作り方ワークショップ>
日時 2019年3月17日(日)9:30〜11:30
場所 近江町交流プラザ集会室
  (金沢市青草町88 近江町交流プラザ4階)
定員 15名
対象 環境保全活動、自然体験活動、農業、地域活動等に関わっている方を主な対象としています。
参加費 無料
主催 河北潟湖沼研究所
協力 グリーンピース・ジャパン
内容(予定)
 前半 ストーリーテリングについて
 後半 コンテンツの作り方
 具体的には下記のようなことを学びます。
 ・どんな場合に動画を使うとよりつたわるの?
 ・伝わる説明ってどんなもの?
 ・ターゲット設定はどうするの?
 ・適切な動画の長さってどれくらい?
 ・映像素材はどれくらい用意するの? 等々

<参加申し込み・お問い合わせ先>
参加申し込み、お問い合わせは主催:河北潟湖沼研究所までお願いいたします。
参加のお申し込みは1.お名前、2.ご住所、3.電話番号、4.ご所属を明記し、以下のいずれかでお申し込みください。
・メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
・FAX 076-255-6941

*実施にあたり地球環境基金の助成を受けています。

写真はイメージです。(以前のセミナーのものです。)
20190317wsosirase.JPG
posted by ちゅうひくん at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報