基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2018年09月24日

第17回世界湖沼会議ワークショップ「日本海側汽水域の現状と生態系機能の再生」開催します

河北潟湖沼研究所は、10月15日より開催される第17回世界湖沼会議において、日本海側の海跡湖に関わる研究者の御協力を得て、ワークショップを行うことを企画しました。
以下に企画の概要をご案内致します。
多くの方のご参加をお待ちしております。

第17回世界湖沼会議ワークショップ
日本海側汽水域の現状と生態系機能の再生


日 時:10月16日(火) 18:00〜20:00
会 場:つくば国際会議場 中会議室201A(〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-3)
内 容:
 潮位差の小さな日本海側には干潟はほとんど存在しないが、生物生産性の高い海跡湖が数多く存在する。しかしそれらの海跡湖の多くは干拓事業や汚濁負荷の増大など、様々な人為的影響を受けてきた。干拓事業に伴い調整池として淡水化された汽水湖、低湿地帯の排水事業に伴い縮小・消滅した湖沼、港湾建設や開削によって海域化した汽水湖、一旦は淡水化されたのち再び汽水化となった湖など、汽水域としての存在自体が変更される大規模な改変が行われてきた。
 ワークショップにおいては、日本海側各地の海跡湖が現在までにどのような改変を受けてきたのか、生態系の現状と今後改善すべき課題を持ち寄ることで、いかにして生態系機能を回復するか、その手掛かりを得たい。このため、各地の事例として4つの湖沼を取り上げる。1)淡水化がはかられたが事業中止となった島根県の宍道湖・中海、2)淡水化されたのちに再び汽水化がおこなわれた鳥取県の湖山池、3)日本最大の干拓事業が実施された秋田県の八郎潟、4)干拓事業により淡水化し汚濁の続く石川県の河北潟、以上について情報共有を図る。
企画者:永坂正夫(NPO法人河北潟湖沼研究所)
プログラム
 18:00    開会(司会 高野典礼 河北潟湖沼研究所)
 18:00-18:15 開催趣旨説明「(仮)日本海側汽水域の特徴」(永坂正夫 河北潟湖沼研究所)
 18:15-18:35 事例紹介1「(仮)宍道湖・中海の現状と課題」
(竹下幹夫 宍道湖・中海汽水湖研究所)
 18:35-18:55 事例紹介2「(仮)湖山池の現状と課題」(日置佳之 鳥取大学農学部)
 18:55-19:15 事例紹介3「(仮)八郎潟の現状と課題」(近藤 正 秋田県立大学)
 19:15-19:35 事例紹介4「(仮)河北潟の現状と課題」(高橋 久 河北潟湖沼研究所)
 19:35-20:00 質疑応答とまとめ(座長 永坂正夫 河北潟湖沼研究所)
 20:00    閉会
ワークショップへの参加・懇親会について
 本ワークショップは第17回世界湖沼会議の自主企画として開催するものです。世界湖沼会議への参加につきましては、HP(http://www.wlc17ibaraki.jp/index.html)をご参照ください。
 20:30より懇親会を行います。どなたでもご参加いただけます。会場予約の関係上、参加希望の方は10月13日までにご連絡ください。懇親会場は徒歩5分「肉バル・ワイン Rib’sつくば駅前デイズタウン」(つくば市竹園1-9-2)」です。会費は5000円前後を予定しています。
お申込・お問合せ
 永坂正夫 nagasaka@seiryo-u.ac.jp または高橋 久info@kahokugata.sakura.ne.jpまで
posted by ちゅうひくん at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

報告(9/23)田んぼを食べよう!稲刈り編、実施しました!

9月23日(日)、七豊米田んぼで稲刈り体験イベントを行いました。
*イベントはキヤノングループ「未来につなぐふるさとプロジェクト」協働プログラムとしてNPO法人河北潟湖沼研究所が実施したものです。

まず始める前に準備体操!
20180924 (4).JPG

そして鎌での稲刈りの仕方の説明。
20180924 (5).JPG

稲刈りを開始しました。
20180924 (6).JPG
20180924 (9).JPG

作業をしているとイナゴやバッタの仲間、アマガエルやトノサマガエルが次々見つかりました。
子どもたちは作業の合間にいろいろつかまえては虫かごまで持ってきてくれ、カエルやイナゴを観察。
20180924 (2).JPG

そうしながらも稲刈りは進み、刈った稲を束ねていきます。
20180924 (10).JPG

さいごは稲をハサ掛けしました。
20180924 (8).JPG
20180924 (11).JPG

この日は晴天に恵まれ、暑いほどでしたが、みんなで最後までがんばって稲刈りしました。
おわったあとには昨年同じ田んぼで収穫した七豊米の玄米おにぎりや、お漬物、ナス等をたべました。
20180924 (3).JPG

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

20180924.JPG
カエルやイナゴたちもありがとう。子どもたちがとても喜んでいました。
posted by ちゅうひくん at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2018年09月05日

ヨシ舟づくり

河北潟のヨシを使って、舟をつくります。
翌日、できあがった舟を川に浮かべて、ヨシ舟に乗ります。
◎ 全国で葦船学校を開催するカムナ葦船プロジェクトの石川仁さんを講師に、縄の結び方などを習いながら、みんなで力を合わせて、一艘の舟をつくります。
◎ 子どもから大人までどなたでも参加いただけます。

==================
イベント名:ヨシ舟づくり
開催日時:2018年10月20日(土)9:00〜16:30
    (小雨決行)
開催場所 :こなん水辺公園
      住所 金沢市東蚊爪町マ32-1(石川県運転免許センター近く)
      グーグルマップ https://goo.gl/maps/wkoSNRDbT8K2
定  員:40名(先着順)
参加費用:おひとり1,000円。家族参加の場合、3人以上参加で
     おひとり500円に割引となります。
対  象:小学生以上の方ならどなたでも参加可能です。
     *小学生以下の方は、保護者同伴でお願いします。
内  容:河北潟のヨシを使って、みんなで舟をつくります。
     翌日、できあがったヨシ舟にのります。
もちもの:お弁当、水筒(園内に自販機はありません。)
     保険証、タオル
服  装:汚れても良い動きやすい服と靴、帽子

<タイムスケジュール>
※当日変更になる場合があります。
【 1日目 10月20日(土)】
  9:00 受付開始
  9:30 あいさつ、注意事項
     プログラム開始・ヨシ舟づくり
 12:30 休憩 昼食
 13:30 プログラム開始・ヨシ舟づくり
 16:20 完成、記念撮影
 16:30 明日の確認、終了

【 2日目 10月21日(日)】
  8:45 受付開始
  9:00 プログラム開始
     ヨシの運搬、進水式、乗船
 10:45 乗船終了
     終わりの挨拶

※2日目は同会場で河北潟自然再生まつりが開催されます。
 ヨシ舟づくりのプログラムは11時まで。11時以降は、まつりに来場した方もヨシ舟に乗船します。
 会場では色々なプログラムがおこなわれますので、ぜひ参加いただけたらと思います。
 11時30分より、めった汁の無料配布があります☆(先着250名)。
  https://www.facebook.com/kahokugatamatsuri

【申 込】
〇 こちらの参加申込みフォームからお申込みいただけます。
  https://www.secure-cloud.jp/sf/1535976199NkTZgjeJ
      
〇 ファックス、メールでもお申込みいただけます。
  お名前、ふりがな、年齢、メールアドレス、
  電話番号、ご住所を明記の上、お申し込みください。
  ご家族などグループで参加される場合、住所と
  メールアドレス、電話番号は代表者の方のみ情報を
  記入ください。
  お名前とご年齢は、参加者全員お願いいたします。

※メールの場合件名に、FAXの場合文頭に
「10/20 ヨシ舟づくり」とご記入ください。

● 申込期限/10月18日(木)
 (延長します。)

==================
NPO法人河北潟湖沼研究所
メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
FAX 076-255-6941
電話 076-288-5803
==================

form_yosibune2018a.jpg


チラシPDFはこちら
yosibune2018.pdf


◎本プログラムは地球環境基金の助成を受けています。



posted by ちゅうひくん at 16:31| 最新情報