基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2018年06月21日

報告(6/12)河北潟セミナー

(報告6/12)河北潟セミナー
6月12日、小松英司氏(明治大学法環境法センター/株式会社環境創生科学研究所)を講師にお迎えして河北潟セミナーを開催しました。テーマは「湖沼流域モデルを活用した水質長期変動の解明と流域管理の可能性」です。
霞ヶ浦での事例をもとに、お話ししてくださいました。
近年になりどこでも排水対策が強化され、汚濁負荷の流入は減っているはずですが、霞ヶ浦でも河北潟でもなかなか水質は改善されません。なぜでしょうか。

20180612 (3).JPG

小松先生たちがされている研究では、地下水の影響がとても大きいと考えられるそうです。その影響は全体の約4割ほどあるのだとか。

そして今現在出てきている地下水は、20年から30年前のもので、昔出された汚濁負荷が現在になって地下から湖にでてきていると考えられるそうです。今対策をすすめていても、過去に蓄積された地下水の影響がこれからも続いていきます。

水質改善にむけて、現在の対策だけでなく、過去の行いからたどって行くことが必要です。これから河北潟流域の水質改善をめざして活動を進めるうえで、大変勉強になるセミナーでした。

20180612 (2).JPG
講師の小松先生

20180612 (1).JPG

◎◎本セミナーは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けてNPO法人河北潟湖沼研究所が実施しました。◎◎
タグ:河北潟流域
posted by ちゅうひくん at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2018年06月14日

第11回河北潟湖面利用協議会が開催されました

6月10日にこなん水辺公園において、第11回河北潟湖面利用協議会が開催されました。今回は18名が参加して、河北潟湖面利用ルールの普及状況や河北潟の現状について詳報交換するとともに、ルール運用についての課題について話し合いました。
ルールは多くの人に定着してきたことが確認されましたが、県外から来られた方や団体に属してない方たちにはルールが知られていないことが課題としてあげられました。また、最近、野鳥を撮影するカメラマンが増え、野鳥の繁殖にも影響を与えかねない状況となっており、啓発活動に取り組む必要があるとの認識で一致しました。
現在、運用されている河北潟湖面利用ルールは以下のとおりです(画像をクリックすると拡大してみることができます)。
また、pdfファイルがダウンロードできます。→kahokugatarule2017.pdf

kahokugatarule2017_ページ_1.jpgkahokugatarule2017_ページ_2.jpg
posted by ちゅうひくん at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2018年06月11日

6/10(七豊米)生きものさがしをしました

6月10日、七豊米田んぼで「田んぼと水路の生きものさがし」を行いました。水路ではドジョウ、メダカ、モツゴなどのお魚、田んぼではヤゴや足の生えかけたオタマジャクシ、カイエビにたくさんのハッタミミズも観察できました。合間に田んぼの中の除草作業も行いましたが、みなさんとても丁寧に除草してくれました。

生きものさがし
20180611 (12).JPG
20180611 (7).JPG

みんなで除草中
農薬をつかわない田んぼで一番大変なのは雑草対策です。みなさん真剣に除草作業を頑張ってくださいました。
20180611 (8).JPG
20180611 (11).JPG

生きもののお話と観察
20180611 (4).JPG
20180611 (6).JPG
20180611 (2).JPG20180611 (1).JPG
20180611 (10).JPG

参加された方からは「思っていたよりたくさんの種類の生きものがいた」「生きものをさがすのが楽しかった」といったご感想をいただきました。七豊米田んぼはこれから除草作業をボランティアのみなさんとともに行いながら、9/23には稲刈りの予定です。七豊米田んぼはどなたでもご参加いただけます。みなさまのご参加お待ちしております。

☆このイベントはキヤノンマーケティングジャパン「未来につなぐふるさとプロジェクト」協働プログラムとして河北潟湖沼研究所が実施しました。
posted by ちゅうひくん at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 七豊米

2018年06月07日

(報告5/18)犀川と河北潟の流域を巡る−日韓NGO湿地フォーラムエクスカーション

 ラムサール・ネットワーク日本の主催する日韓NGO湿地フォーラムが金沢市で開催されるのに併せて、河北潟湖沼研究所が犀川と河北潟をバスで巡るエクスカーションを企画しました。
 このエクスカーションには韓国から訪れた6名を含む26名が参加しました。最初に犀川の最下流の普正寺の森を訪れ、大豆田河川敷、小立野台地、上流域にある辰巳ダムまで遡って、次にいくつかの分水嶺を横断して、浅野川中上流域〜金腐川上流域〜森下川上流域から、二俣集落の中を通って、森下川沿いに下降して、途中の牧山町でお昼を取りました。午後からは一気に内灘砂丘まで出て、内灘道の駅から河北潟を眺め、干拓地を通り、倶利伽羅道の駅までのツアーでした。その後、河北潟の自然についてのミニシンポジウム、懇親会と行い長い一日が終わりました。

犀川河口の普正寺の森
20180518 (1).JPG

辰巳ダム
20180518.JPG

辰巳ダムについての説明
20180518 (3).JPG

牧山町
20180518 (4).JPG

セミナー
20180518 (2).JPG
タグ:河北潟流域
posted by ちゅうひくん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告