基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2017年06月19日

(6/17)田んぼと水辺の生きもの写真教室を実施しました

写真日和の青空が広がった6月17日、こなん水辺公園で「田んぼと水辺の生きもの写真教室」を実施しました。

*このプログラムはキヤノンマーケティングジャパン株式会社「未来につなぐふるさとプロジェクト」協働プログラムとして河北潟湖沼研究所が実施しました。*

はじめに管理学習棟に集合、午前中は公園をまわって生きものなどを観察しました。
20170619 (1).JPG

生きものが逃げていかないように、そっと生きものがいそうな場所に近づきます。
池ではクサガメやアカミミガメ、カルガモなどを観察できました。
その後は網を使って水の中の生きもの探しです。
アメンボやオタマジャクシ、ヌカエビなどがとれました。
この日は池の水がいつもとくらべて澄んでいて、大きな魚影(コイ?)も見えました。

田んぼの小川ではたくさんのアメリカザリガニにメダカも見つけられました。
ザリガニはやはり人気者です。

20170619 (2).JPG

20170619 (3).JPG

20170619.JPG


お昼休憩をはさんで午後はいよいよ一眼レフカメラ講座です。
キヤノンより講師の方が来てくださいました。
参加者全員に一眼レフカメラが手渡され、電源の入れ方から教わって、
ファインダー、ズームの使い方等説明を受けます。

20170619 (4).JPG

20170619 (5).JPG

そしてシャッターボタンの押し方を聞いた瞬間から
シャッターボタンを押しまくる子どもたち、夢中です。

20170619 (6).JPG

20170619 (7).JPG

室内で一眼レフカメラの説明や、撮影する際の注意事項等を聞いた後、
公園内にちらばり約一時間、みなさん思い思いに写真をとりました。

20170619 (8).JPG

一眼レフカメラを手にした子どもたち、
公園の中で次々に色々な物を見つけ、バシバシと写真を撮っていきます。
一眼レフカメラを持っていることで、ふだんよりも探し出す力、見る力が強くなっているようでした。
みんなたくさんの写真をとり、1時間弱で300枚ほど撮影した子もいました。

20170619 (10).JPG

石ころを積んで撮影する子もいました。興味はさまざまです。

撮影後は、撮影した中から2枚の写真を選び、
キヤノンのプリンタでその場でプリントしていただきます。
プリントした写真は並べて置いて、講師の方に講評いただきました。
虫、花、家族、石、いろいろな写真がありました。

20170619 (11).JPG

最近はデータで保存するだけのことも多い写真ですが、
こうして「選んでプリントする」となると、好きなものや興味のあるもの、
大切にしているものなど、その人の思いが見えてきます。
みんなのものを並べるとたくさんの人の視点、それぞれの個性が見えてきて、
とてもおもしろいものだなと感じられました。

最後に集合写真を撮影、その画像もプリントしていただきました。
自分で撮った写真と集合写真、そしてこの日それぞれが撮影したデータが
入っているSDカードが参加者全員にプレゼントされました。

20170619 (12).JPG

参加された方からは
「いい写真がとれてよかった!」
「楽しかった」
「写真をとりながら交流できてよかった」
「いろいろな生きものをみつけられてよかった」といった感想を聞くことができました。
ご参加いただいた皆様、そしてキヤノンの皆様、ありがとうございました。
posted by ちゅうひくん at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報