基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2017年02月24日

(3/10)研修会のお知らせ(河北潟・エコツーリズムについて)

河北潟湖沼研究所では3/10にエコツーリズムに関する研修会を行います。
どなたでもご参加いただけます。みなさまのご参加お待ちしております。 

◆河北潟を資源として見てみよう〜河北潟をアピールする方法を考える研修会
日 時:2017年3月10日(金)13:30 〜16:00
講 師:吉見 精二 氏
   (地域観光プロデュースセンター代表、日本エコツーリズム協会理事)
会 場:津幡町文化会館シグナス 1階 研修室
    住所 〒929-0342 石川県河北郡津幡町北中条3丁目1     
    (シグナスホームページ)
     http://www.town.tsubata.ishikawa.jp/shisetsu/cygnus/access.html
参加費:無料

内 容:河北潟地域ではどのようなものが資源となり、
    どんなものが魅力と感じてもらえるのか、地域の自然環境資源を
    生かした商品開発やエコツアー等の事例、エコツーリズムについて
    学びながら、河北潟地域をどのようにアピールしていけるか、
    みんなで考えてみましょう。

(参加申込・お問合せ)
下記までお名前(ふりがな)、電話番号、ご住所をお知らせください。
メールでお申込みの場合、件名に「3/10研修会参加申込」とお書きください。
 主催・NPO法人河北潟湖沼研究所
 電話 076-288-5803/FAX 076-255-6941
 メール info@kahokugata.sakura.ne.jp

チラシはこちらです。→ 研修会20170310.pdf

**地球環境基金の助成を受けて実施されます**
posted by ちゅうひくん at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年02月17日

(2/28)河北潟セミナーのお知らせ

河北潟セミナー開催のお知らせです。
今回は石川県立大学の皆巳先生を講師にお迎えし、温暖化と北陸の雪をテーマにお話しいただきます。
どなたでもご参加いただけます。みなさまのご参加お待ちしております。

◆河北潟セミナー◆
講 師:皆巳 幸也 博士(石川県立大学 生物資源環境学部)
テーマ:温暖化と北陸の雪
内 容:いわゆる地球温暖化が注目される中、「最近は雪が少なくなった」という感触は多くの方が持っておられるように思われる。実際、そうした傾向はデータの上からも明瞭であり、ほんの30〜40年先には北陸地方の平地で降雪が見られなくなる、と予測した研究結果も出ている。しかし、その進行は“次第に”というものではなく、特定の時期を境にジャンプするような場面も過去には見られている。そうした傾向となる一因でもある、北陸地方の雪に特有と言って良い特徴や、そもそもの降水が形成されるメカニズムを交えて、温暖化と雪との関係についてお話ししたい。また、“おまけ”として降水に伴って大気中の物質が除去される過程(湿性沈着)についても触れることとしたい。

日 時:2017年2月28日(火)19:00−20:30
会 場:NPO法人河北潟湖沼研究所会議室
    〒929-0342 石川県河北郡津幡町北中条ナ9-9
参加費:無料
申 込:当日の参加も可能ですが、参加の場合はなるべく
    事前にお知らせいただければ助かります。
    下記までお知らせください。

( 問い合わせ、申込先 )
NPO法人河北潟湖沼研究所
メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
電話076-288-5803/FAX076-255-6941

**地球環境基金の助成を受けて実施されます**
posted by ちゅうひくん at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2017年02月14日

河北クリーンセンター環境アセスメント方法書の縦覧について

現在、河北潟湖岸に新設予定の河北クリーンセンターについて、環境アセスメント方法書の縦覧(環境を守るために今からこんな調査を予定していますので、ご意見をお寄せくださいということ)を行っています。
詳しくは、以下のURLより「エネルギー回収型廃棄物処理施設整備事業に係る環境影響評価方法書の公告」を御覧ください。
http://clean.kahoku.net/index.html
方法書縦覧期間は平成29年2月6日(月)から3月9日(木)までです。
posted by ちゅうひくん at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2017年02月01日

2016年度河北潟研究奨励助成が決定しました

2016年度河北潟研究奨励助成について以下のとおり決定しました。
今回は、goododoのクリック等による原資162,000円に、当研究所役員による寄付金により増資し、助成総額は30万円としました。また、このうち10万円については、1個人からの研究課題を指定しての寄付であったことから特別寄付枠としました。

2016年度河北潟研究奨励助成対象者

申 請 者 野田 英樹 さん(所属:いしかわ動物園)
助成金額 100,000円
研究課題 河北潟西部承水路と東部承水路に生息する淡水カメ類の長期的研究

申 請 者 畑山 智史 さん(所属:埼玉大学大学院文化科学研究科)
助成金額 100,000円
研究課題 酸素同位体比を用いた過去5000年にわたる海水温度の変化

 (以下、特別寄付枠)
申 請 者 梶間 周一カ さん
(所属:金沢大学人間社会学域地域創造学類環境共生コース)
助成金額 100,000円
研究課題 生態保全及び森林保全型農産物の価格プレミアムの決定要因は何か―「生きもの元気米」認証制度を事例にした一考察
posted by ちゅうひくん at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 重要なお知らせ