基本情報、研究成果などは、Webサイト「チュウヒのふるさとかほくがた」を御覧ください。
Copyright (C)2009-10 Kahokugata Lake Institute.
 

2020年03月11日

(参加募集)3/29ワークショップ 河北潟の自然再生と再汽水化について

 河北潟の環境と生態系の劣化に対して、外来植物の除去活動やビオトープの造成などを行ってきましたが、主要な問題である水質問題は解決しておらず、この問題の解決には、大胆に潟のあり方を大きく見直す必要があることが考えられます。
 河北潟湖沼研究所では、河北潟を農業用溜池としての限定的な利用ではなく、地域が河北潟の生態系サービスを再び受けられるように、潟の再汽水化を含めて検討することを提案しています。
 再汽水化を検討する上で、地域住民の賛同があることが必須であり、河北潟湖沼研究所では、河北潟の環境問題と再汽水化ついての住民の意識を把握するため、アンケート調査を実施しました。
 この度、アンケート結果の解析に基づき、河北潟の自然再生と再汽水化について考えるワークショップを開催します。
 コーディネーターとして、金沢大学人間社会研究域附属地域政策研究センター准教授の菊地直樹さんをお招きし、地域の住民の皆様とともに河北潟の将来像を考えていきたいと思います。

日時 2020年3月29日(日)13:00〜15:30
会場 こなん水辺公園管理学習棟(石川県金沢市東蚊爪町マ51)
申込 info@kahokugata.sakura.ne.jp
   無料で、どなたでもご参加いただけます。
COVID-19対策として、天気が良ければ縁側の窓を全開にして、春の息吹を感じながら行いたいと思います。

20190711blog.JPG
posted by ちゅうひくん at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

(参加募集)3/15春のヨシ刈りin河北潟干拓地

春のヨシ刈りin河北潟干拓地
──────────────────o○
河北潟干拓地ではあちこちでヒバリがさえずっています。
河北潟干拓地でヨシ刈りを実施します。
元気に体を動かしましょう。1m以上距離をあけて作業します 。

日時 2020年3月15日(日)13:30〜15:30
場所 河北潟干拓地 銭五橋西側の格納庫(駐車場)
   https://goo.gl/maps/NT5pL8pb28u4ZYUMA
   交差点近くの防風林帯のヨシ舟展示場所周辺で実施。
内容 ヨシやオギの刈り取り。
   小さなセイタカアワダチソウの抜き取り。
準備 動きやすい服装、マスク、長靴
   軍手と鎌はこちらで準備します。
主催 NPO法人河北潟湖沼研究所
申込 要
(参加される方のお名前とご年齢を下記までお知らせください。)
 メール info@kahokugata.sakura.ne.jp

写真は秋のヨシです。
yosigari20200315.jpg
posted by ちゅうひくん at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

(報告)3/8河北潟流域シンポジウム・河北潟から考える多様な主体の連携による流域の保全を実施しました

 3月8日、河北潟流域シンポジウム「河北潟から考える多様な主体の連携による流域の保全」を実施しました。新型コロナウイルス対策として、Zoomを使ったネット配信も取り入れての実施でした。
 河北潟湖沼研究所の川原より開始のあいさつがされた後、兵庫県豊岡市からコウノトリ湿地ネット代表の佐竹節夫さんによる「多様な主体の連携による円山川水系の自然再生とコウノトリ野生復帰の取り組み」と題した講演が行われました。コウノトリ野生復帰をきっかけとして進んでいった自然再生についてご紹介いただき、コウノトリが住む環境は、人にとっても豊かな環境である、という考えの下、市民、行政、農家、JA等、様々な方が連携して取り組みが進んできた経緯についてお話しいただきました。次に日本野鳥の会参与・ラムサールネットワーク日本共同代表の金井裕さんより「鳥の生息保全と河川整備」との題で、河川環境、河川でのモニタリングや河川法の現状と課題についてお話しいただきました。事例報告では河北潟周辺、金腐川、森下川それぞれでの取り組みについて報告がされました。河北潟については河北潟湖沼研究所の番匠より、河北潟の取組や河北潟流域住民に対するアンケート結果の報告をしました。金腐川流域からは、夕日寺1300年協議会・夕日寺歴史研究会の植田卓志さんより、「夕日寺の再発見・100年先の未来へ」との題で、金腐川の変遷や、金腐川で実施している環境学習、水質調査、今後の課題等をご紹介いただきました。森下川流域の牧山町で活動する農事組合法人まっきゃまの橋田由美子さんからは、「まっきゃまのあゆみ」との題で、牧山町で地元の農産物を使ったブランド作りやSDGsの取組、これからの展開等をご紹介いただきました。
さいごのパネルディスカッションでは河北潟湖沼研究所理事長の高橋がコーディネーターとなり、河北潟における流域連携の必要性について説明がされ、流域連携を作るためにどうしたらよいかを話し合いました。旗印をつくる、マスコミを利用する、行政への働きかけを強めるといった意見の他、まずは水質調査やゴミ拾い等を、タイミングをあわせてやってみてはどうか、地域での小規模ワークショップの実施、自然再生の実験ができる場を作り、実験をしていってはどうか等の提案が出されました。
 この度のシンポジウムで、河北潟湖沼研究所のイベントとしては、はじめてネット配信を取り入れました。配信でご覧いただいていた方には、会場からの音声が聞き取りにくい部分が多かったようで、申し訳ございませんでした。ネット配信については、これから色々な場面で活用の機会が出てくると思いますが、改善していきたいと思います。
 シンポジウムにご参加、ご協力いただいた皆様どうもありがとうございました。
*本イベントは地球環境基金の助成を受けて河北潟湖沼研究所が実施しました。

20200308 (2).JPG

20200308 (5).JPG

20200308 (3).JPG

20200308 (4).JPG

20200308 (1).JPG

20200308 (6).JPG
posted by ちゅうひくん at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2020年03月10日

河北潟クリーン作戦 4月19日(日)のご案内

河北潟クリーン作戦チラシ表300dpi.jpg

第26回 河北潟クリーン作戦
4月19日に開催を予定しております。

今年はコロナウィルスの問題により、色々と対策が必要です。実行委員会で協議し、準備をすすめております。参加いただく皆様にはマスクの着用をお願いいたします。また、体調の悪い方など、無理な参加は控えてください。注意事項につきましては、開催前に改めて、ブログやフェイスブックでお伝えしたいと思います。

今年、新しい地点G(受付G)が設置されました。
湖北大橋の東の湖岸沿いに非常にたくさんのゴミがあることから、この場所でゴミ拾いができればと提案・調整し、新しく地点が設置されました。東部承水路の堤防工事により、草木が刈られたことで、ゴミが目立つようになりました。ゴミが取りやすくなりましたので、この機会に除去できればと思います。

新しい地点.jpg

st8_2020.jpg


チラシのPDFはこちら
河北潟クリーン作戦チラシ.pdf

第26回 河北潟クリーン作戦
開催日:2020年4月19日(日)9:00〜10:00
内 容:河北潟の湖岸8地点での清掃活動
主 催:河北潟クリーン作戦実行委員会
後 援:石川県
協 力:河北潟環境対策期成同盟会、河北潟水質連絡協議会
事務局:NPO法人河北潟湖沼研究所



posted by ちゅうひくん at 17:00| Comment(0) | イベント情報

2020年03月06日

Zoom参加についてのご案内(3/8シンポジウム)

3/8に実施するシンポジウム「河北潟から考える多様な主体の連携による流域の保全」のZoom参加についてのご案内です。

シンポジウム「河北潟から考える多様な主体の連携による流域の保全」
・日時 2020年3月8日(日)13:15-16:45(開場:13:00)
イベント詳細はこちら http://kahokugata.sblo.jp/article/187162827.html

このシンポジウムはZoomでもご参加いただけます。Zoomは、インターネットに接続されたPC、スマホ、タブレットいずれでも使用でき、ご自宅等どこからでもご参加いただけます。
参加にはミーディングIDとパスワードが必要となります。お申込みいただいた方に、折り返しご案内しますので、参加ご希望の方は下記フォームよりお申込みください。

<申込先>
主催・河北潟湖沼研究所
申込フォーム https://www.secure-cloud.jp/sf/1548486146tMPNdZZH

−−−−−−−−−−
<Zoom参加の仕方>
Zoomアプリまたはブラウザからご覧いただけます。以下にそれぞれの方法を記載しました。機種やブラウザによって違う形で表示されることもあるかもしれませんが、ご参照ください。
なお、Zoomでの開催にあたりラムサール・ネットワーク日本に協力をいただいており、ミーティングルームはRamsar Network Japanと表示されます。


■Zoomアプリによる参加
・Zoomアプリを初めてご利用になる方は、Zoomのインストールが必要です。
インストールはご案内したURLからアクセスするとダウンロード画面がでますので、そちらよりダウンロードしてください。ダウンロードしたファイルを実行し、インストールしてください。
ダウンロードとインストールのみ事前に行うこともできます。


・インストールされたアプリを開き「ミーティングに参加」ボタンをクリックします。
zoom11.jpg


・お知らせしたミーティングIDとお名前を入力して、「自分のビデオをオフにする」にチェックが入っている状態にして、「参加」ボタンをクリックしてください。
(「自分のビデオをオフにする」にチェックが入っていない場合、WEBカメラが付いている端末では、カメラに写っているものが他の方にも見える状態になります)
zoom12.jpg


・お知らせしたパスワードを入力して、「ミーティングに参加」ボタンをクリックしてください。
zoom13.jpg


・「コンピューターでオーディオに参加」ボタンをクリックして参加となります。
zoom14.jpg




■ブラウザからの参加

・当日開始時間近く(13:00頃)になりましたら、ご案内したURLよりブラウザでアクセスしてください。
・「ミーティングに参加」ボタンをクリックします。
・お知らせしたパスワードとお名前を入力して、「参加」ボタンをクリックしてください。
zoom15.jpg

ご参加お待ちしております。
posted by ちゅうひくん at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2020年02月15日

(参加募集)3/8河北潟流域シンポジウム・河北潟から考える多様な主体の連携による流域の保全

シンポジウム「河北潟から考える多様な主体の連携による流域の保全」

*チラシPDFはこちら

−−−−−−−−−−
※Zoom参加を募集しています(2020年3月3日追記)

このシンポジウムはZoomでもご参加いただけます。Zoomは、インターネットに接続されたPC、スマホ、タブレットいずれでも使用できます。ご自宅等どこからでもご参加いただけます。
参加にはミーディングIDとパスワードが必要となります。お申込みいただいた方に、折り返しご案内しますので、参加ご希望の方は下記フォームよりお申込みください。

<申込先>
主催・河北潟湖沼研究所
申込フォーム https://www.secure-cloud.jp/sf/1548486146tMPNdZZH

−−−−−−−−−−
<Zoom参加の仕方>

下記ページでご案内しております。
http://kahokugata.sblo.jp/article/187238122.html


−−−−−−−−−−
※実施について(2020年2月26日追記)

シンポジウムは実施予定です。
ネットでの動画中継の準備をすすめています。(ZOOMを利用予定です。)
体調がすぐれない(咳が出る、風邪のような症状がある等)、参加に不安がある場合は、そちらをご利用いただいてのご参加をご検討ください。
講演要旨等資料の公開も検討中です。

<会場への参加を検討されている方へ>
・体調がすぐれない場合、参加をご遠慮ください。
・咳エチケットを守ってください。(マスクを着用する。マスクがない場合、ティッシュやハンカチで口と鼻を覆うまたは上着の袖や内側で覆う)
・当日、主催者側の判断で、参加をお断りさせていただく場合がございます。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。
−−−−−−−−−−

シンポジウム「河北潟から考える多様な主体の連携による流域の保全」
・日時 2020年3月8日(日)13:15-16:45(開場:13:00)
・会場 近江町交流プラザ集会室
    (〒920-0907 石川県金沢市 青草町88 近江町いちば館4階)
     https://goo.gl/maps/WdybX11puH6kzeAB9
・参加費 無料
・主旨
 クリーン作戦や外来植物の除去活動、水質調査や自然観察会など、河北潟の自然環境を守るための取り組みが続けられ、河北潟の環境に関心を持つ人が増えています。成果もある一方で、なかなか改善されない問題も残っています。例えば、河北潟の水質は現在も農業用水基準を満すことができていません。野生生物の生息環境も改善されていません。
 河北潟の水は、周辺の山谷から流れ出し、流域の田畑を潤し、住宅地や商業地を通って、河北潟に注いでいます。河北潟周辺の産業や生活が河北潟の水質や水域環境に大きな影響を及ぼしています。流域全体で、健全な水を生み出す取り組みや水系を活かした自然環境の保全の取り組みができれば、河北潟の環境改善につながるばかりか、流域全体が豊かで住みやすい地域とすることができます。
 全国では、そうした流域連携の取り組みが既に行われています。特別講演では、コウノトリを象徴として野生生物と共生する取り組みを行っている豊岡市の事例、首都圏を中心として野鳥の保護に取り組むいくつかの河川での事例を紹介いただきます。次に河北潟流域の上〜下流までの取り組みを報告し、先進地での取り組みを河北潟水系での問題と重ね合わせることにより、問題解決の方向を探ります。

・内容、予定
13:00開場
13:15開始、挨拶
13:25【特別講演】
多様な主体の連携による円山川水系の自然再生とコウノトリ野生復帰の取り組み(佐竹節夫/コウノトリ湿地ネット代表)
鳥の生息保全と河川整備(金井 裕/日本野鳥の会参与 ラムサール・ネットワーク日本共同代表)
14:50〜15:00休憩
15:00【報告】
河北潟・番匠尚子(河北潟湖沼研究所理事)
夕日寺町・植田卓志(夕日寺1300年協議会/夕日寺歴史研究会
牧山町・橋田由美子(農事組合法人まっきゃま)
16:00【ディスカッション】
河北潟で求められる流域連携による保全と管理
16:45終了

<懇親会について>
*シンポジウム後に懇親会を予定していましたが、取りやめとさせて頂きます。
シンポジウム終了後、懇親会を予定しています。
場所は会場近く、時間は18:00〜20:00、会費5,000円を予定しています。
懇親会にも参加ご希望の方は、お申し込み時にお知らせください。


<参加申し込み>
主催・河北潟湖沼研究所までお申込みください。
Zoomで参加の場合も下記よりお申込みをお願いいたします。
お申込みいただいた方にZoomのミーティングIDとパスワードを折り返しご連絡いたします。
申込フォーム https://www.secure-cloud.jp/sf/1548486146tMPNdZZH
メール info@kahokugata.sakura.ne.jp
*メールの場合はお名前、ご住所をお知らせください。

omote20200308.jpg

ura20200308.jpg

20200308_fb_event.jpg

*本イベントは地球環境基金の助成を受けて河北潟湖沼研究所が実施します。
posted by ちゅうひくん at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2020年02月03日

河北潟に流れ込む河川で大規模に樹木伐採


RIMG0980.JPG

河北潟に流れ込む河川で大規模に樹木伐採が行われています。国土強靱化の号令の下に、全国で河川の樹木伐採が進んでいるようです。とうとう東部承水路でも樹木伐採が行われました。気がついたときには、既に多くの樹が切られてしまいましたが、樹木は野鳥をはじめ生物の大事な生息区間です。とりあえず事業者である石川県土木部の方に相談して、伐採工事を中断してもらい、後日、県庁で協議をしました。
河川管理上、河道に障害物があると洪水などの問題が起こるということで伐採を進めているということでしたが、河北潟も大野川水系の川の位置づけですが、広い東部承水路まで、河道と考え樹木を全て伐採すべきというのは、どうにも無理があると思われます。そのようなことを全国の河川で行ったら、相当の河川生物の生息空間が失われてしまいます。東部承水路で伐採をしても洪水調整機能への効果は低いのでは無いかという話をして、残りの部分は伐採を止めてもらうことになりました。また、今後は自然環境保全に関わる人たちも含めて、定期的に話し合いを設定して、土木工事等の公共事業の中に環境配慮を盛り込む仕組みを作ることを確認しました。その調整を、同席していた石川県自然環境課にお願いしました。
posted by ちゅうひくん at 19:24| Comment(0) | 最新情報

2020年02月02日

平野部の田んぼで浸透性殺虫剤は必要?−田んぼの生きもの調査結果パンフレットとアンケートの実施について

平野部の田んぼで浸透性殺虫剤は必要?
この度、2019年夏に行った田んぼの生きもの調査結果をまとめたパンフレットを公開しました。
このパンフレットをご覧いただいた方に、田んぼでの農薬使用に関するアンケートへのご回答をお願いしております。
是非ともご協力ください。

パンフレットはこちらからご覧ください。
アンケートへのご回答はこちらからおねがいいたします。

浸透性殺虫剤は必要か_ページ_1.jpg
浸透性殺虫剤は必要か_ページ_2.jpg
浸透性殺虫剤は必要か_ページ_3.jpg
浸透性殺虫剤は必要か_ページ_4.jpg
農薬アンケート_ページ_1.jpg
農薬アンケート_ページ_2.jpg

※この活動は、一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト「2019年ネオニコチノイド系農薬に関する企画」助成を受けて実施しています。
posted by ちゅうひくん at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2019年12月27日

シンポジウム「水田の生物多様性と農薬使用について」開催

12月22日にシンポジウム「水田の生物多様性と農薬使用について〜使わないでいい農薬を使わないことで生きものも人もhappy!〜」開催しました。
遠くは新潟県や岐阜県からのご参加もいただき、全体で40名の方のご参加いただきました。
田んぼの生物多様性に関わる研究の成果、農薬使用が誘導される社会的状況と打開方向の提案、農薬使用を減らす実践から見えてきた可能性が3名の講演者から報告されました。
ディスカッションでは、農薬使用を減らす様々な技術が確立されてきていること、しかし農薬削減への抵抗が根強いこと、知らせること、見える化することで消費者の理解が得られることなどが話されました。会場からの意見も多く充実したシンポジウムとなりました。

本シンポジウムは、一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」2019年度助成を受けて実施したものです。

DSCF1605.JPG

DSCF1624.JPG
posted by ちゅうひくん at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報

2019年12月17日

(参加募集)1/19河北潟流域ツアー:野鳥観察編〜どうして河北潟には野鳥がたくさんいるの?Kahokugata River Basin Bus Tour: Bird Watching


*参加申し込み受け付けは締め切りました。
 お申込みいただいた方には改めてご連絡します。


バスで河北潟流域をめぐり、野鳥観察をするツアーです!
河北潟は野鳥の宝庫、たくさんの野鳥を観察しよう!


でも野鳥の種類によっては、観察できる数が年々減っているものもいます。
たくさんの野鳥たちが河北潟にいられるのはどうしてだろう?
減っている原因はなんだろう?
干拓や宅地化、圃場整備などで環境が変化していく中、どんなふうに生きものたちの暮らしがかわってきたのか、野鳥を観察しながら、周りの環境も一緒に観察してみましょう。

チラシPDFはこちら↓
チラシ表面.pdf
チラシ裏面.pdf


<河北潟流域ツアー 野鳥観察編>
Kahokugata River Basin Bus Tour
日時:2020年1月19日(日)9:00〜15:00
内容:バスに乗ってこなん水辺公園、河北潟沿岸をまわり野鳥や河北潟の自然環境を観察します。
集合解散場所:金沢駅またはこなん水辺公園
 *金沢駅の場合は金沢駅西団体バス乗り場にて9:00集合、15:00解散
  https://goo.gl/maps/QNuJn5N8zds
 *こなん水辺公園の場合はこなん水辺公園管理学習棟にて9:30集合、14:30解散
  https://goo.gl/maps/o271kYviVJiSjUV99

<予定>
9:00 金沢駅集合、出発
9:30 こなん水辺公園集合
    はじめのあいさつ
9:45 こなん水辺公園出発
 河北潟流域を周りながら野鳥観察
 ・どんな野鳥がいるだろう?
 ・どんな場所、環境に野鳥がいるだろう?
 ・野鳥はどうやって暮らしてるだろう?
 ・野鳥がいられる河北潟流域の環境はどんなものだろう?
 みんなで楽しみながら観察しよう
12:40 こなん水辺公園に戻る・昼食休憩
13:20 観察したことを振り返ろう
13:50 終わりの挨拶、アンケート
14:30 こなん水辺公園出発
15:00 金沢駅到着解散
*予定は変更となる場合があります。

対象:どなたでも可。小学生以下保護者同伴。
もちもの:昼食、飲みもの、雨の場合は傘やカッパ等雨具をお持ちください。
もしあれば双眼鏡等お持ちください。
服装:動きやすく、多少汚れてもよい服と靴。
参加費:1人500円

<その他>
・このイベントはモニターツアーとして実施します。最後に、当イベントについてのアンケートを実施しますので、かならずご回答ください。
・イベントの様子を主催者で撮影し、後日HP等で公開する場合があります。ご了承のうえお申し込みください。
・英語でのガイドサポートがあります。〜 English support provided 〜
・大雨や大雪等の場合は中止とします。中止の場合はあらためてご連絡します。

<参加申し込み・お問い合わせ>
*参加申し込み受け付けは締め切りました。
 お申込みいただいた方には改めてご連絡します。

主催:河北潟湖沼研究所(info@kahokugata.sakura.ne.jp)

Kahokugata River Basin Bus Tour: Bird Watching
As we tour around the Kahokugata River Basin by bus, we’ll look at, listen to, and learn about wild birds. The Kahokugata Lagoon is a treasure trove of birds, so come and see lots of birds with us!

However, depending on the species, the number of wild birds that can be observed are decreasing every year. Why are there so many birds around the Kahokugata Lagoon? What is the cause of this decrease in birds? In the midst of environmental changes like land reclamation projects and residential and agricultural development, how have the the lives of wildlife changed? As we go bird watching, we’ll also take a close look at the at the surrounding environment.

~Tour will be in Japanese with English support. Everyone is welcome! Elementary school children and younger must be accompanied by an adult.~

DATE Sunday, January 19, 2020
TIME: 9:00-15:00
MEETING LOCATION: Kanazawa Station OR Konan Waterside Park (Higashi Kagatsume Machi)

・Kanazawa Station: we'll depart at 9:00 from the West Entrance Group Bus Parking Lot and Return at 15:00
https://goo.gl/maps/QNuJn5N8zds
・Konan Waterside Park (こなん水辺公園): we'll depart at 9:30 from the park's visitor's shelter building and return at 14:30. Free parking is available.
https://goo.gl/maps/o271kYviVJiSjUV99

COST: 500 yen per person
TO BRING: Drink and lunch, and, depending on the weather, rain gear and umbrella
TO WEAR: clothes that you don't mind getting dirty and are easy to move in

SCHEDULE
9:00 Gathering and Departure from Kanazawa Station
9:30 Gathering at Konan Waterside Park
Greetings and Welcome
9:45 Depart from Konan Waterside Park
tour Kahokugata Lagoon river basin and observe birds
 ・What kinds of wild birds are there?
 ・In what places and environments are there birds?
 ・What are the lives of wild birds like?
 ・What is the environment of the river basin and bird`s habitat like?
Lets have fun going bird watching together!
12:40 Return to Konan waterside Park. Lunch Break
13:20 Reflections and Discussion
13:50 Closing Greetings, Surveys
14:30 Depart from Konan Waterside Park
15:00 Return to Kanazawa Station
*Schedule is subject to change

OTHER DETAILS
・This tour is part of a pilot project so we ask for your cooperation in filling out survey`s at the end of the event.
・Please note that we will be taking photographs of the event that we may use for our website and other public platforms.
・In the case of rain, snow storms or other inclement weather, the tour may be canceled. We will formally notify you in the case of cancellation.



*本イベントは地球環境基金の助成を受けて河北潟湖沼研究所が実施します。
20200119.jpg

20200119chirasi (2).jpg

20200119chirasi (1).jpg
posted by ちゅうひくん at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報